2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ドラキュラZERO あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ドラキュラZERO あらすじ ネタバレ




ドラキュラZEROのあらすじ(ネタバレ)です。


15世紀、トランシルヴァニアのワラキア公国君主として国を治めているヴラド(ルーク・エヴァンス)は、幼いころにオスマントルコ帝国に差し出され、冷徹で残虐な兵士として育て上げられた戦争の英雄だった。
ヴラドの強さと非情さは広く知れ渡り、「その名を聞けばだれもが逃げ出す」、「ドラゴンの子」と言われるほどの存在となり、倒した敵を串刺しの刑に処すことから、串刺し公とも呼ばれていた。

ある日、領地内の皮のほとりでトルコ兵の兜を見つけたヴラドは、川の上流で何が起きたのかを調べに行った。
川に沿って牙の山を登っていくと、異様な洞窟があり、洞窟の中を調べてみると、正体不明の化け物に襲われ、ヴラドは命からがら逃げだした。
城に戻ったヴラドは、牙の山の化け物の正体は、おそらく魔物の吸血鬼だと教わる。

また、ヴラドの元にオスマントルコ帝国から使いが来て、1000人の男子を差し出すように命令される。
要求を飲むことができないヴラドは、直接トルコ帝国の皇帝メフメト2世に話をつけにいくが、取り合ってもらえず、逆にヴラドの子を差し出すように言われてしまう。

一度は国のために、自分の一人息子をトルコ帝国に献上しようと考えたヴラドだったが、愛する妻の願いで目が覚め、要求を拒否してトルコの使いを殺してしまう。
メフメト2世は、1000人の兵士をワラキア公国を攻め込むために向かわせた。
一方、ヴラドは牙の山の吸血鬼に力を借りるしか生き残る道は無いと考え、一人で牙の山に向かった。

牙の山で吸血鬼と対峙したヴラドは、吸血鬼から力を継承されるが、人間血への渇望も同時に引き継いだ。
吸血鬼の言葉では、3日間の血への渇望に耐えたときには、吸血鬼の力も失われ、ただの人間に戻ることができるとのことだった。

ヴラドは城に戻り、吸血鬼の力で1000人のトルコ兵を一掃し、見せしめに串刺しにした。
また、トルコ帝国が再び攻めてくる前に、より頑強な山の上の城に民衆まるごと移動するよう指示した。
移動中、追いついてきたトルコ帝国の兵隊たちに襲われつつも、吸血鬼の力で撃退し、ようやく山の上の城にたどり着くことができた。

山の上の城で守りの準備を進めていたとき、修道士に正体を見破られてしまい、民衆に自分が吸血鬼だとばれてしまう。
しかし、城を守るためには自分の力が必要だと民衆に訴え、無理矢理城の守りを進めさせた。

メフメト2世が従えたトルコ兵はかなりの大群で、ヴラドは従者であるコウモリの力を借りてどうにか撃退しようと闘っていた。
しかし、ヴラドが闘っている間に城に忍び込んだトルコの兵たちが、ヴラドの妻を山の崖の上から落とし、息子を奪っていった。

ヴラドが吸血鬼と約束した3日間はもうすぐ終わろうとしていたが、死ぬ間際の妻の願いで妻の血を吸い、ヴラドはついに完全な吸血鬼となってしまった。
ヴラドは、城内で数人の生き残りを見つけると、「復讐したい」と答えたものに自らの血を飲ませて吸血鬼にした。

ヴラドは、数人の吸血鬼を引き連れてオスマン帝国に復讐し、息子を奪い返すことに成功した。
しかし、自分が吸血鬼にしたものたちが人間に危害を加えようとしていることに気づき、自分もろとも陽の光を浴びさせて、塵にした。

これですべてが終わったかに見えたが、吸血鬼に心頭していた一人の人間が、灰になったヴラドの死体に自らの血を注ぎ、生き返らせた。
その後、ヴラドは現代まで生き延び、生まれ変わった妻と偶然に再会し、声を掛けた。
また、ヴラドが完璧な吸血鬼になったときに牙の山の封印から解き放たれた牙の山の魔物が、現代でヴラドのことを見ており、「ゲームのはじまりだ」という意味深な言葉を残したところで映画は終わった。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ