2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ドラキュラZERO 感想 レビュー 80点


Sponsored Link

ドラキュラZERO 映画




(80%)

邦題 ドラキュラ ZERO
原題 Dracula Untold
監督 ゲイリー・ショア
脚本 マット・サザマ, バーク・シャープレス
原作 ドラキュラ , (ブラム・ストーカー)
製作 マイケル・デ・ルカ, トーマス・タル
出演者 ルーク・エヴァンス, サラ・ガドン, ドミニク・クーパー, アート・パーキンソン(英語版), チャールズ・ダンス
音楽 ラミン・ジャヴァディ[1]
撮影 ジョン・シュワルツマン
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ, Michael De Luca Productions, レラティビティ・メディア


ドラキュラZERO 感想 レビュー


ドラキュラZERO、予告から面白そうな雰囲気がにじみ出ていて期待も自然と高まってしまいましたが、ちゃんと期待通り面白かったです。
以下は少しだけネタバレありの感想です。

キャッチコピーで「その男、悪にして英雄。愛する者のため、悪にこの身を捧げよう―」の言葉通り、愛する家族と国を守るために、自分の身を犠牲にして悪魔と契約し、敵を打ち砕く英雄の話です。
ドラキュラを単なる悪とするのではなく、むしろ愛する家族のために、仕方なく魔物になったという点、魔物になってからも誇り高い人間の精神を持ち続ける英雄という点が、ブラム・ストーカー氏の原作とは大きく違うんじゃないかと思います。

1000人のオスマントルコ人を1人でなぎ倒す無敵っぷりが格好良かったです。
コウモリに分かれて移動する方法や、コウモリの大群を意のままに操るシーンなど、迫力があって見ごたえあるシーンが多かったです。

続編が期待できそうな終わり方でしたし、興行的にも成功したようですので、続編でないですかね?
噂では、モンスター版アベンジャーズの先駆けという話も聞きましたが(信ぴょう性は定かではない)、そういう方向に持っていくのも面白そうですね。

主役のルーク・エヴァンズさん、渋くて凄く格好いいナイスミドルかと思いきや、まだ35歳(1979年生まれ)と意外にお若いようです!!
私は、もう40代中盤くらいかと思ってました!35歳でこんなに重厚な渋さとダンディズムを出せるなんて、凄いな~。

ちなみに、どこかで見たことあると思っていたら、ホビットの冒険の弓の達人バルド役も演じてるんですね!
バルド役も、今回のヴラド役も、味のある良い演技で、凄く良かったです。

ただ、ルーク・エヴァンズさん、こんなにイケメンで渋くて格好いいのに、実はゲイだそうです。もったいない。
だったら、そのイケメンぶりと渋い格好よさ、分けてほしいな~。

いつも通り話がだいぶそれましたが、ドラキュラZEROは面白かったです。
家族で見ても良いし、恋人同士で見ても良いし、老若男女広い層に受け入れられる映画だと思います。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ