2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

マンオブスティール あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

マンオブスティール あらすじ ネタバレ


マンオブスティールのあらすじ(ネタバレ)です。



地球から遠く離れた惑星・クリプトンでは、地球よりもはるかに進んだ文明が築かれていたが、惑星の寿命が尽きようとしていた。
惑星消滅の前に何か手を打つべきだと立ち上がったゾッド将軍(マイケル・シャノン)の声に、元老院は耳を貸さず、ゾッド将軍はクーデターを計画し、実行した。
ゾッド将軍と同じく惑星の危機を察知したエンジニアのジョーエル(ラッセル・クロウ)は、クリプトン星とクリプトン星人に生き残る道は無いと悟り、妻のララ(アイェレット・ゾラー)との間に生まれた子供にすべてを託し、クーデターの前に脱出ポットで産まれて間もないわが子を地球に送った。

地球に送られたカルエルは、優しい地球人の元ですくすくと育ったが、地球人から迫害されるのを恐れた地球人の父親の意思で、特殊な力を隠して生活していた。
クラークケント(クリプトン星での名前はカルエル)(ヘンリー・カヴィル)たくましい青年になり、自分の出生の秘密を探ろうと、世界各地を探索して回っていた。
そしてある日、ついに南極の氷の奥深くから、1万8000年前のクリプトン星からの探索器が発見され、クラークは父親の残した映像から、自分の生い立ちを知ることができた。
その日から、クラークはSの紋章を受け継ぎ、スーパーマンとして地球の平和を守ることとなる。

また、ちょうどそのころ、元老院によって惑星追放の刑を受けて宇宙の墓場『ファントム・ゾーン』を漂っていたゾッド将軍が、ファントムゾーンから生還し、地球に飛来していた。
ゾッド将軍は、地球上のあらゆる通信機器を電波ジャックし、スーパーマンを差し出すように警告した。

クラークは、地球の平和を守るためにゾッド将軍の前に姿を現し、クラークの正体を知る新聞記者のロイス・レイン(エイミー・アダムス)と一緒にゾッド将軍の宇宙船に拉致される。
ゾッド将軍の目的は、クラークが持つコデックスという遺伝子情報を使って、クリプトン星人を復元し、地球をクリプトン星に変えて乗っ取ることだった。
殺されかけたクラークだったが、父親の残した意識プログラムの御蔭で脱出することができた。

ゾッド将軍は、コデックスを探すために地球に飛来し、クラークの母親を襲う。
クラークは、ゾッド将軍と部下たちと戦い、どうにか撃退するが、ゾッド将軍はワールドエンジンという大型機械を使い、地球をクリプトン星の環境に再構築しだした。
クラークは、ワールドエンジンを破壊し、地球人を危機から救った。
また、自分が赤ん坊のころに利用した脱出ボッドをゾッド将軍の宇宙船に衝突させ、ブラックホールを生成してクリプトン星人たちを葬ることに成功した。

最後に、奇跡的に生き残っていたゾッド将軍とスーパーマンのガチンコバトルにスーパーマンが勝ち、地球の危機は過ぎ去った。

ストーリーにすると意外にシンプルですね。
闘うシーンや宇宙船のシーン、スーパーマンの活躍シーンは迫力があって見ごたえありました。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ