2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

マンオブスティール 無料 動画 評価


Sponsored Link

マンオブスティール 無料




映画マンオブスティールの動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。


マンオブスティール 動画


本予告編映像


クラーク(スーパーマン)の子供時代、能力が高過ぎていじめられていたようです。
その元いじめられっこの青年が世界の救世主スーパーマンになる!という感動的な予告ですねw
ただ、スーパーマンの少年時代のエピソード、本編では意外に少なかったです。。。orz
もっと見たかったな~というのが正直な感想です。


13分間特別映像


監督や俳優陣、製作者達のコメント入り特別映像です。
メイキング映像なども入っていて面白いです。
マンオブスティールのテーマは、「リアルなスーパーマン」だったんですね~。確かに、若いころに力があり過ぎて苦悩したり、周りと違うからいじめられたりというのは、スーパーマンのイメージからはかけ離れていますが、実際にはありえそうな話ですね。

マンオブスティールには、カメラを1台しか使ってなかったんですね!これは驚きました!
最近の映画では、低予算映画を除いて非常に珍しいんじゃないですかね?

スーパーマンの赤いパンツは、ビクトリア朝時代のサーカスなどの怪力男の名残りらしいですw
赤いパンツは無くして正解ですねw原作に忠実に作ったら、とても時代遅れのださいヒーローになってしまいますw

スーパーマンのエスの模様についても語られています。
スーパーマンのエスは、クリプトン星では希望の意味があると同時に、エル家(スーパーマンのクリプトン星での生家)のシンボルでもあったんですね!

ゾッド将軍は完全に悪役でしたが、彼は彼なりの正義感をもって、クリプトン星のために闘っていたと思います。
そのために地球人を全滅させて地球を作り変えるというのは迷惑な話ですが(^^;)

この映像を見ると、製作陣がリアルな世界にスーパーマンを再現するのにどれだけ努力したのか?が伝わってきますね。
映画を作るということは非常に大変なことですが、さらにこだわりを持って今までに無いユニークな映画を作ろうとすると、より一層大変なことなんですね。

たった13分の映像にいろいろなエピソードと思いが詰まっていて、良い動画でした。


マンオブスティール 評価


マンオブスティールの評価は、賛否両論あるようです。
ゴールデン・トレーラー賞、ニューナウネクスト賞、ティーン・チョイス・アワードの各部門で、合計2部門受賞、7部門ノミネートされたようです。
一方で、日本の映画雑誌『映画秘宝』の「HIHOはくさいアワード」(2013年度の映画に対するワーストランキング)では第2位だったようです。
また、『シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパー氏は「スーパーマン映画としては新しい部分が何もない。ユーモアや楽しみもほとんどない」と酷評し、『ワシントン・ポスト』のアン・ホーナディ氏は「ハンス・ジマーの仰々しい、過剰な音楽」、「非常に不愉快な視聴体験」と酷評したようです。

興行収入の面からも、初日興行収入や初週興行収入は大きかったようですが、2週目以降はかなり落ちたようです。
私の個人的な評価も、予告編などを見てかなり面白そうだと期待した反面、本編を見終わった跡は少し物足りなさが残りました。
そこまで悪くは無かったのですが、なんだか惜しい映画だな~というのが正直な感想です。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ