2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ホビット 竜に奪われた王国 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ホビット 竜に奪われた王国 あらすじ ネタバレ




ホビット 竜に奪われた王国 あらすじ(ネタバレ)です。
途中からふざけて書いていますw

ガンダルフ(イアン・マッケラン)の大鷲によって助けられたビルボ(マーティン・フリーマン)達だったが、オークたちの追っては執念深く、まだ追い続けられていた。
予言の日までにドワーフの祖国エレボールに着くためには、闇の森を抜けるしかない。
途中で大熊に化ける大男に助けられ、闇の森の傍まではたどり着けたビルボ達だった。
ここでガンダルフは使命があるため、一時別行動をとる。

ビルボとドワーフ達は闇の森に入り、ガンダルフの言いつけどおり道に沿って進んでいった。
しかし道は途中で閉ざされていたため、完全に道に迷ってしまい、方向感覚と時間の感覚は失われ、幻想まで見え始めていた。
ビルボは太陽の場所を利用して、出口の方角と距離を探るため、木の上に昇って行ったが、闇の森にすむ大蜘蛛達に見つかってしまい、全員蜘蛛の糸でとらわれてしまった。

ビルボは体中糸でぐるぐる巻きにされていたが、持っていた短剣でどうにか抜け出し、指輪で透明になる能力も利用してドワーフ達を助け出した。
しかし、喜んだのも束の間で、今度は闇の森にすむエルフたちに捕まってしまい、牢獄に閉じ込められてしまう。

指輪のおかげで捕まらなかったビルボは、こっそりとエルフの国に侵入し、ドワーフ達を助け出すことに成功した。
出入り口は厳重に警護されているため、空の樽に入って川を下ることにした。
(昔はそうやってワインの樽を運んでいたんですかね?今から考えるとだいぶ違和感がありますが)

どうにか無事にエルフの国から抜け出すことができたビルボ達だったが、外で見張っていたオークたちに見つかり、襲われてしまう。
ここで素手のドワーフVS武装したオークVS森のエルフの三つ巴の闘いが始まる。
ここはレゴラス(オーランド・ブルーム)の見せ場でもあり、正直かなり格好いい!

ドワーフが人間ボールならぬドワーフボール(このネタ分かる人いるか?)になって転がって闘ったり、流されてるだけで素手のはずなのに結構強くて面白いw
キーリは足をオークの矢を撃ち抜かれたが、それ以外は特に怪我もなく、川を下ることができた。
川を下った先で、湖の町に住む人間のバルドに助けられ、バルドを雇って湖の町に密入国することになった。
(エルフに身ぐるみ剥がれたのに何故お金を持っていたのかは疑問だけど)

また、ドワーフの中で一番のイケメンのキーリ(エイダン・ターナー)は、捕まってるときにエルフの女戦士タウリエル(エヴァンジェリン・リリー)をナンパして良い感じになっていた。
タウリエルはキーリを救うためにドワーフ達の後を追い、レゴラスは密かに好きだったタウリエルを救うためにドワーフ達の後を追った。
ここらへんで無駄に恋愛要素と三角関係要素が出てきて浮いていたが、レゴラスの格好よさと恋愛要素で女性の観客にも喜んでもらおうという製作者側の意図だと思う。

ドワーフ達はバルドのおかげで湖の町に侵入したが、武器を集めることができず、町の武器庫から武器を盗むことにした。
しかしキーリのミスで見つかってしまい、密入国と窃盗の罪で捕まってしまった。

湖の町の町長によって裁かれることになったが、町長は能無しで自分の保身しか考えていないバカ野郎だったため、トーリンが宝の一部を湖の町に還元すると約束したところ、釈放した上に武器と船まで与えてくれた。
ここで傷を負った上にミスまで犯してキーリと、キーリをほっておけなかったドワーフと、単に寝過ごしたドワーフの3人が脱落した。

ビルボ達はエレボールの山に到着し、予言の鍵穴を探すが、見つからず。ここまで死ぬほどの苦労をしてきたのにあっさり諦めて帰ってしまう。
(視聴者のほとんどがオイオイと突っ込んだ場面だと思われる)
ビルボはあきらめきれず、鍵穴を探すと、割とあっさり予言通りに鍵穴が見つかる。
ビルボは、トーリンがさっき落とした鍵を探すが、うっかり蹴飛ばして谷底に落としそうになる。
そこに格好よく現れたトーリンがカギを足でキャッチし、ドヤ顔をして見せる。
格好いいシーンのように演出されていたが、一連の場面は良く考えると割と間抜けな話だった。

やっとエレボールの内部に入ることができたビルボ達は、ここからがビルボの役目だと伝え、ビルボに一人で竜の住処に向かい、アーケン石をとってこいと命令する。
(かなり最悪のパシリ役だと思われる)

ビルボは素直に一人で向かい、あっさり竜に見つかるが、指輪の消える能力のおかげで逃げることができた。
ただ逃げる途中にトーリンに捕まり、「お前何逃げてんねん!アーケン石はとってきたんか?」とばかりに詰め寄られ、やっと命からがら竜から逃げてきたのに、また竜の住処に戻ることになる。
ここらへんは、トーリンが意地悪な不良、ビルボがいじめられっこに見えたのは私だけではないはず。

一方、キーリはオークの矢に塗ってあった毒によって生死の境をさまよっていたが、駆け付けたタウリエルの回復魔法によってどうにか助かった。
ここでも、追ってきたオークVSレゴラスの格好いい戦闘シーンを見ることができる。レゴラスは強すぎるし格好良すぎる。
でも物語の中では完全に浮いていて、いかにも女性向けの票集めなのが見えていて微妙な感じだった。
まぁ戦闘シーンが格好良かったのは認めるけど、もっと物語に絡んでいないと違和感がぬぐえない。

また、エレボールのビルボとドワーフ達は、あっさり竜に見つかり、鉱山で竜と闘うことになっていた。
最初は命が大事と逃げていたドワーフ達だったが、逃げ場が塞がれていることに築き、窮鼠猫を噛むとばかりに反撃に出た。
鉱山の製鉄場を復活させて、竜に煮えたぎった黄金を浴びせ、煮えたぎった黄金に埋めることに成功した。

しかし竜はあっさり逃げ出し、ダメージは特になく、単に怒らせただけだった。
竜は、湖の町の人間も関わっていると深読みし、すぐに殺せるドワーフ達を大人の事情で殺さずに、復讐だと言って湖の町に向かって飛び立った。

というところで物語は終わった。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ