2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ホビット 竜に奪われた王国 感想 レビュー 80点


Sponsored Link

ホビット 竜に奪われた王国 映画




(80%)

邦題 ホビット 竜に奪われた王国
米題 The Hobbit The Desolation of Smaug
監督 ピーター・ジャクソン
脚本 ピーター・ジャクソン, フラン・ウォルシュ, フィリッパ・ボウエン, ギレルモ・デル・トロ
原作 J・R・R・トールキン『ホビットの冒険』
製作 ピーター・ジャクソン, キャロリン・カニンガム, ゼイン・ワイナー(英語版), フラン・ウォルシュ
製作総指揮 アラン・ホーン, トビー・エメリッヒ, ケン・カミンズ, キャロリン・ブラックウッド
出演者 イアン・マッケラン, マーティン・フリーマン, リチャード・アーミティッジ, ベネディクト・カンバーバッチ, エヴァンジェリン・リリー, リー・ペイス, ルーク・エヴァンズ, ケン・ストット, ジェームズ・ネスビット, オーランド・ブルーム
音楽 ハワード・ショア
主題歌 エド・シーラン 『I See Fire(英語版)』
撮影 アンドリュー・レスニー
編集 ジャベス・オルセン
製作会社 ニュー・ライン・シネマ, メトロ・ゴールドウィン・メイヤー, ウィングナット・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ

ホビット 竜に奪われた王国 感想 レビュー


ホビット 竜に奪われた王国の感想(レビュー)です。

面白かったけど、中途半端なところで終わりすぎでしょ!え~?ここで終わり?とびっくりした!
2部作が3部作になったと聞くとしかたないかとも思うけど、もうちょっと区切りの良いところで終わって欲しかった!

まぁそこは置いといて、映画自体は結構面白かったです。
前作の思いがけない冒険の方は、割りとオリジナル要素が強かったと思いますが、今作の竜に奪われた王国の方は、だいぶロード・オブ・ザ・リングの影響が強いですね。
サウロンが復活しそうになったり、闇の魔力が広がってきたり、サウロンの手下の9人の王たちがネクロマンサーの手で復活しつつあったりというのは、そのままロードオブザリングにつながる話ですね。
迫力や深見はロードオブザリングには及びませんが、ロードオブザリングのサイドストーリーを見ることができたと思えばファンには嬉しい話ですね。

ただ、レゴラスが浮きすぎているのと、イケメンドワーフのキーリとエルフの女戦士タウリエル(エヴァンジェリン・リリー)の恋愛要素はいらないでしょ!
レゴラスと武装したオークとの戦闘シーンはかなり格好いいです。レゴラス強すぎで惚れます。接近戦でも弓矢だけあればだれでも倒せそうですし、川を流れる樽に乗って矢を射るシーンも良かったです。
でも、物語と関係なさすぎて違和感がすごかったです。レゴラスがいなくても、全く問題なく物語は進められたと思います。

あと、タウリエルとキーリの恋愛要素もいらなかったでしょ!いくらイケメンって言っても、ドワーフとエルフの恋愛とかありえるのかな?
しかも、実はレゴラスはタウリエルに好意を抱いていて、タウリエルもまんざらじゃなかったのに、レゴラスの父親であるエルフの王様から禁じられた恋だとか、キーリとタウリエルとレゴラスの美形3人の三角関係とか、ホビットの冒険のメインストーリーと関係なさすぎるw
女性客を飽きさせないための制作側の意図を感じますが、ちょっと露骨過ぎませんかね?w
まぁ、スポンサーからの要望や制作側の苦労もあると思うので、映画全体のクオリティが下がらなければ否定はしませんが。

と、批判的な意見を中心に書いてしまいましたが、映画自体は面白かったです!
ロード・オブ・ザ・リングと同じ幻想的な世界が描けていましたし、ガンダルフのような老人魔法使いやエルフやドワーフ、ゴブリン(オーク)などのファンタジー要素も散りばめられていて面白かったです!
注意点としては、結末がかなり中途半端なので、続編の「ホビット 決戦のゆくえ」もすぐ見られる環境が合ったほうが良いと思います。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ