2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

インターステラー 映画 感想 90点


Sponsored Link

インターステラー 映画





(90%)
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン, ジョナサン・ノーラン
製作 エマ・トーマス, クリストファー・ノーラン, リンダ・オブスト
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ, ジョーダン・ゴールドバーグ, キップ・ソーン
出演者 マシュー・マコノヒー, アン・ハサウェイ, ジェシカ・チャステイン, ビル・アーウィン(英語版), エレン・バースティン, マット・デイモン, マイケル・ケイン
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
編集 リー・スミス
製作会社 シンコピー, リンダ・オブスト・プロダクションズ(英語版), レジェンダリー・ピクチャーズ


インターステラー感想



インターステラー、面白かったです!
会社の後輩に熱烈に進められ、『あのインセプションを超えるほど面白い!』とまで進められたので、すぐにツタヤで借りてみましたw

SF映画の最高傑作とまで言われている良作なのですが、映画を見た方の評価は賛否両論あるようですね。
私が思うに、映画自体はとても面白いのですが、SFに馴染みが無い方や、科学の話が好きではない方には分かりにくかったんだと思います。

ブラックホールとか、ワームホールとか、重力のメカニズムを解明するための方程式とか、5次元の世界とか、SF好きならたまらない言葉で、説明不要な言葉なので、ほとんど説明なしに話が進んでいくのですが、そういうSF用語についていけないと、話が全く分からないと思います。
ただ、説明臭いセリフやナレーターの解説などが入ったら、この映画の面白さが台無しになっていたかもしれませんので、あえて大衆向けにしなくて正解だったと個人的には思います。
だって、分かる人には最高に面白い名作SF映画に仕上がっていますからw

クリストファーノーラン監督、本当に天才だと思います。ダークナイト、インセプション、インターステラーなど、どんな考え方をしたら思い着くんだろう?と思うようなユニークな発想と、映画としての完成度の高さがずば抜けていますね。
バッドマンVSスーパーマンの製作総指揮もされているようですので、非常に楽しみですw

あと、個人的にはマン博士役でマット・デイモンが出てきたときには嬉しかったのですが、嫌な役どころでちょっとショックでした(笑)
まぁ、悠久の時を孤独に過ごしていたら、人格が崩壊したり性格が歪んでしまっても仕方ないのかもしれませんが。。

皮肉だったのが、二つ目に向かう惑星として、マン博士のところではなく、アメリアの恋人のところに向かっていたら、人類の生存に最適な星にたどり着いていたという点ですね。
確率ばかりを計算して、アメリアの愛の理論を無視した結果がそれというのも、皮肉ですね。
ただ、マン博士の星に向かったからこそ、クーパーはブラックホールに落ちて、のちに人類を救うことになるデータを送ることができたわけですし、結果的にはプランCともいうべき最善の結果に終わったわけですしね。
逆に言うと、マーフィーの部屋で本が落ちてきたときから、この結果は決まっていたわけで。。。まさに、なるようにしかならない、マーフィーの法則だなというのも、冒頭の会話に関わってきて面白いです。

総括すると、インターステラーは、SF好きには最高の映画、必見の映画だと思います。
一方で、SFが得意じゃない方、頭を使う複雑な話が好きじゃない方には向いていないかもしれません。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ