2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ベイマックス あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ベイマックス あらすじ ネタバレ




ベイマックスのあらすじ(ネタバレ)です。

14歳の天才少年ヒロ・ハマダは、せっかくの頭脳を社会に生かそうとせず、違法な賭けロボットバトルでお小遣い稼ぎを楽しんでいた。
ヒロの兄のタダシ・ハマダは、ヒロを心配し、自分の大学の研究室に連れて行き、研究の楽しさを伝えようとした。

最初は大学の研究をバカにしていたヒロだったが、予想以上にタダシの大学が面白かったため、すぐにでも入学したいと熱くなっていた。
タダシの大学にすぐ入学する一番の方法は、近々開かれるロボットコンテストで、ロバート・キャラハン教授をあっと驚かせるような発明を発表するのが一番だと知り、研究に没頭した。
ヒロは、脳波で自由に操作できる小型マシン・マイクロボットを発明し、コンテストで発表して沸かせた。

ヒロが無事に大学へ入学する権利を手に入れて安心していると、大学がいつのまにか大火事になっていた。
タダシは、大学の中に取り残されたキャラハン教授を救うため、火の海に包まれた大学に入っていったが、タイミング悪く大学が爆発して帰らぬ人となった。

ヒロは兄タダシの死を受け入れることができず、心を閉ざしてしまった。
しかし、ひょんなことからタダシの発明したベイマックスという介護ロボットを起動させてしまった。
ベイマックスは、ヒロの部屋に一つだけ残っていたマイクロボットが何かに引き寄せられていることを見つけ、原因を捜しに行った。
すると、ヒロがベイマックスの後を追うと、そこは海辺の倉庫で、大量のマイクロボットが複製されていることを発見した。
そこで怪しい仮面の男に見つかり、大量のマイクロボットで攻撃され、命からがら逃げかえってきた。

ヒロは、仮面の男がマイクロボットを奪うために大学に火をつけたと考え、タダシの復讐をするためにベイマックスを武装して、再度海辺の倉庫に向かった。
しかし、仮面の男に返り討ちにあってしまい、偶然出会ったタダシの研究室の仲間4人と一緒に逃げ帰ってきた。

ヒロと4人は、仮面の男の正体を突き止めるために、科学の力でスーパーヒーローになった。
グレードアップしたベイマックスの機能で仮面の男の位置を探り、立ち入り禁止になっていた孤島に向かった。

孤島では、政府が秘密裏にワープの実験を行っていたらしく、実験を記録したビデオ映像から、実験失敗で人が亜空間に取り残されてしまったことを知った。
さらに、亜空間に取り残されたのはキャラハン教授の娘であり、仮面の男はキャラハン教授で、娘の復讐をするためにマイクロボットを利用しようとしていることを知った。

キャラハンは、実験の主導者であったアリステア・クレイが主催するパーティでクレイを捕え、ワープ発生装置をくみ上げてクレイのすべてを奪おうとした。
ヒロ達は阻止すべくキャラハンと戦い、機転を利かしてマイクロボットを亜空間発生装置に吸い込ませることに成功した。
しかし、亜空間発生装置が暴走し、制御不能となった時、ベイマックスが亜空間の中に生命反応があることを発見した。

ヒロとベイマックスは亜空間の中に入り、キャラハンの娘を救いだした。
しかし、ベイマックスの飛行装置は途中で壊れてしまい、博人キャラハンの娘を救い出すために、ベイマックスは自分の身を犠牲にした。

ヒロはベイマックスも失ってしばらく放心するが、ベイマックスのコアが残っていることに気づき、ベイマックスを作り直した。
ここで映画は終了するが、エンドロールを見る限りでは、そのあともヒロ達はヒーローとなって町を救い続けているようだった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ