2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ベイマックス 感想 レビュー 80点


Sponsored Link

ベイマックス 映画




(80%)
邦題 ベイマックス
米題 Big Hero 6
監督 ドン・ホール, クリス・ウィリアムズ
脚本 ジョーダン・ロバーツ, ドン・ホール
原作 ダンカン・ルーロー, スティーブン・T・シーグル『ビッグ・ヒーロー6』
製作 ロイ・コンリ
製作総指揮 ジョン・ラセター
音楽 ヘンリー・ジャックマン
主題歌 AI『Story』
編集 ティム・マーテンズ
製作会社 ウォルト・ディズニー・スタジオ, ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

ベイマックス 感想 レビュー


ベイマックスの感想です。これも後輩が大絶賛でおすすめしてくれた映画でしたので楽しみにしておりましたが、とても面白かったです。
予告編から、漠然と感動系のディズニー映画を想像していたのですが、中身は全然違うヒーロー物アニメでした。

それもそのはず、原作はマーベル・コミックのヒーロー物アメコミなんですね。
原作はXメンの派生漫画だったようで、Xメンに出てくるキャラクターのサンファイア(原作のリーダー)とシルバーサムライ(ウルヴァリン: SAMURAIに出てくる)を中心に構成されたヒーロー漫画だったようです。
漫画の連載時代は全然売れず、マーベルコミックの人達も忘れていたようですが、マーベルがディズニーに買収されたことで、ディズニー映画にできる作品は無いか?という調査の過程で掘り起こされた漫画のようです。
ただ、Xメンの映画化権利は20世紀フォックスが持っているため、逆に主要メンバー二人が使えなかったというのが面白い話ですね。

男向けにはヒーロー物、戦隊もの、ロボットものなどで興味を引き、女性向けには可愛い見た目とディズニー得意の感動要素で、男女とも十分に楽しめる映画になっています。

ベイマックスは、原作ではガチガチのいかついロボットで、ドラゴン風の顔を持つ人造生命体したが、映画では風船のような可愛い形の別物になっているのが面白いですね。
ロボット工学の関連施設を調査しているときに、カーネギーメロン大学で医療用の空気注入型ソフトロボットをモデルにしようと思いついたそうです。
また、顔は神社の鈴をモデルにしていて、姿かたちはスタジオジブリのとなりのトトロがモデルなんだそうです。
そういわれてみればその通りですねw面白いw

原作をいろいろ調べてみると、原作とは全く違う作品になっていますが、映画の方が原作よりもだいぶ面白くなっていると思います。
ヒーロー系あり、ドラマあり、感動ありの、大人も子供も楽しめる面白いディズニーアニメに仕上がっています。
どの方にもおすすめできる安定した面白さがある映画だと思います。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ