2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

リズと青い鳥 無料 動画 評価


Sponsored Link

リズと青い鳥 無料





映画リズと青い鳥の動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。



リズと青い鳥 動画



予告動画


京都アニメーションの新作「リズと青い鳥」の予告動画です。
テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の続編かつスピンオフにあたる映画です。
ただ、アニメを見ていなくても十分に楽しめる映画になっていますし、映像と音楽の質がものすごく高くて感動します。

リズと青い鳥 評価


リズと青い鳥の評価は、高いようです。

好意的なコメントとしては、
・初めて鑑賞した時、開始10分後から最後のエンディングまで、ほぼずっと泣き続けてキツかったです…笑。そして、一度だけでは我慢できず、何度も何度も映画館へ足を運び、見るたびに新しい発見があってことごとく泣きました。確かに、この物語はある意味単調で、意味が把握できない人もいるかもしれません。しかし、刺さる人の心には深く重く刺さって抜けない、掛け替えのない作品になること間違いなしです!
・テレビシリーズからキャラクターデザインや作風が大きく変わった本作。どのような作品になるのか、劇場公開がとても楽しみでした。丁寧で繊細な絵と演出。静謐ながらも力強く心地よく、存在感のある劇伴。静かでやわらかいのに密度が高い。白くてふかふかの毛布に包まれているようなやさしい微睡みの中にいるような透き通って冷たい薄ガラスに触れるようなあの世界にもう一度浸りたくて、何回も劇場に足を運びました。
・響けユーフォニアムのことは全く知らず、単独のアニメ作品として鑑賞しました。素晴らしいの一言ですね。ラストシーンの二人の気持ちのすれ違い感、繊細さ、言葉だけでなく、ちょっとした仕草の描写で痛いほど伝わってきて、切なすぎて泣いてしまいました。発表当初、知り合いに勧められて見に行きたくも上映館が近くになくて、しかたなく予約注文しての鑑賞でしたが、今まで鑑賞してきたアニメ作品の中でもトップレベルの評価を与えたいです。

批判的なコメントとしては、
・絵の感じが平面的でイラストのよう。内容も説明的なシーンや会話が多く、目を閉じていても良いくらいな感じで、展開も平凡。せっかくのアニメーションを生かせていない感じ。作り手が異なると、こうもイメージが変わるものかと驚いた。ユーフォシリーズとしての娯楽的作品を期待していたのでかなりショックでした。
・けいおん!も聲の形も高い評価をしている私ですが、本作は平凡と評価します。絵本の話のパートが、説明的で 絵も平凡。大画面で見るには物足りない感じだった。普通な結末。意外な展開が全くない。まぁそうなるのがいいよねっていう感じ。娯楽を求めている人には向かない。長尺な「間」の取り方に退屈を感じるかも。

参考:アマゾンのレビューページ
リズと青い鳥 評価

コメントは好意的なコメントばかりでしたが、それは「響け!ユーフォニアム」ファンが多かったからかもしれません。
正直、作品としては賛否両論別れる作品だと思います。

京都アニメーションなので、絵は非常に緻密で、丁寧で、素晴らしいクオリティだと思います。
また、「聲の形」の山田尚子監督なので、多感な 10 代少女の微妙な心理描写も繊細に描かれていると思います。
あとは、共感できるかどうかで評価が変わるかと思いました。

作品としてのクオリティは間違いなく高いのですが、繊細な心理描写が主眼の作品だからこそ、共感するのが難しかったりもするんですよね。
そこさえクリアしたら、何回でも劇場で繰り返し見たくなるくらいお気に入りの映画になる可能性もあると思いますし、そうでないなら、ただの佳作になってしまうかもしれません。
正直、私は共感の部分をクリアできなかったです。それでも、絵の綺麗さ、感動を覚えるほどの演奏を味わえたので、作品自体の評価は高いです。
が、「聲の形」のときの感動が大きかったので、本作はそこまでには至らなかったですね。私の中では。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ