2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

人魚の眠る家 感想 レビュー 80点


Sponsored Link

人魚の眠る家 映画





(80%)

邦題 人魚の眠る家
監督 堤幸彦
脚本 篠崎絵里子
原作 東野圭吾「人魚の眠る家」
製作 新垣弘隆, 梶本圭, 井上潔
製作総指揮 吉田繁暁, 臼井裕詞
出演者 篠原涼子, 西島秀俊, 坂口健太郎, 川栄李奈, 山口紗弥加, 田中哲司, 斉木しげる, 大倉孝二, 駿河太郎, ミスターちん, 遠藤雄弥, 利重剛, 稲垣来泉, 斎藤汰鷹, 荒川梨杏, 荒木飛羽, 田中泯, 松坂慶子
音楽 アレクシス・フレンチ
主題歌 絢香「あいことば」
撮影 相馬大輔, 古長真也(Bカメラ)
編集 洲崎千恵子
制作会社 オフィスクレッシェンド
製作会社 「人魚の眠る家」製作委員会
配給 松竹
公開 2018年11月16日
上映時間 120分

人魚の眠る家 感想 レビュー


人魚の眠る家の感想です。
さすが東野圭吾氏!普通のお涙頂戴の感動映画とは一味違う!
予想外の展開もあり、想定していた以上に楽しめました。

普通に映画としての面白さだけでも、一般的な映画よりひねりがあって面白かったので 75 点。
最新医療の試みとかが加えられていて勉強になったので、+5 点で 80 点にしました。
私の中で 80 点はかんり高得点なのですが、そのくらい面白かったです。

映画館では、すすり泣く声がそこかしこから響くくらい、感動して泣いてる人が多かったので、感動したい人にも良いんだと思います。
ただ、純粋なお涙頂戴映画とは、だいぶ違う異色の映画だと思いますね。
あらすじだけ書くとあれですが、ちゃんと感情移入して映画を見ると、かなり難しいテーマに真正面からぶつかっていますし、結構難しいテーマに取り組んだ作品だと思います。
私は面白い映画だと感じましたが、正直賛否両論ありそうな映画ですね。途中、かなり驚く展開もありましたが、ひねってて面白かった。
比べるものではありませんが、同時期に見たファンタスティックビーストよりも、本作の方がずっと濃厚な映画でした。

個人的に本作の最優秀演技賞は、篠原涼子の息子を演じた斎藤汰鷹君です。
まだ 5 歳くらい (?) なのに、あの場面であの演技力は素晴らしい!子供らしく、わざとらしくなく、とても印象的な演技でした。おそらく周りのスタッフの頑張りの成果なんでしょうけど、演技派少年として地力をつけて、将来の日本の俳優業界をしょってたつ方に育ってくれたら感無量です。
もちろん、篠原涼子さん、西島秀俊さん、坂口健太郎さんも、安定の良い演技でした。

地味に驚くのが、川栄李奈さん。。。おバカキャラのアイドル上がりで、顔も非情にかわいいので、女優に転身したときは「大丈夫かな?」「すぐに消えるんじゃないかな?」と正直心配していたのですが、意外や意外、自然な演技をするんですよね。
もちろん演技派なわけではないです (アイドル上がりなので、専門女優の方と比べるのは可愛そう) けど、意外にも自然な透明感のある演技をします。
それってすごく大事なことで、川栄李奈さんくらい可愛くて、透明感のある (場の空気を壊さない) 自然な演技ができれば、女優としての使いどころは結構あると思うんですよね。
そうなるとオファーも増えますし、出演数が増えて、しかも大御所の演技を肌で感じることができれば、女優養成学校に通うよりもはるかに大きな経験値を得ることができると思いますし、女優としても成長すると思います。
実際、本作の役は、十分に与えられた役をこなしていたと思います。
このまま進めば、篠原涼子や米倉涼子みたいに、顔中心 -> 演技派の展開も現実的な話になると思います。
ま~そこに至るには、難しい役のオファーがあるかとか、運にも大きく左右される話なので簡単じゃないと思いますが、アイドル -> 女優への転身を成功させたというだけでもすごいことだと思いますね。
綺麗系ではなく可愛い系の童顔なので、歳をとった時にどんな女優の幅を持てるのか?はわかりませんが、今後も頑張ってほしいです。

かなり脱線しましたが、本作はただの感動映画で終わることなく、癖があって面白かったです。
ちょっと変わった感動系映画が見たい方にもおすすめできる良作だと思います。
ま~、ラストに関しては、賛否両論別れるとは思いますけどね。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ