2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

人魚の眠る家 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

人魚の眠る家 あらすじ ネタバレ





人魚の眠る家のあらすじ(ネタバレ)です。

結構ひねりのある映画なのであらすじだけ書いても面白さが伝わらない気もしますが、おおざっぱにあらすじを書きます。

播磨薫子 (篠原涼子) は、旦那の播磨和昌 (西島秀俊) の浮気が原因で離婚予定であり、ほぼシンブルマザーの形で娘の播磨瑞穂 (稲垣来泉) と息子の播磨生人 (斎藤汰鷹) を育てていた。
姉の瑞穂のお受験のために、薫子と和昌がお受験のシミュレーションをしていたときに、和昌宛てに電話が入った。
仕事の電話かと思い、しぶしぶ電話に出た和昌だったが、内容を聞いて顔色が変わる。
詳細は不明だが、娘の瑞穂が病院に運ばれたという内容だった。

病院について話を聞くと、祖母の千鶴子 (松坂慶子) とプールに行った瑞穂は、おぼれてしまい、心肺停止。病院に運ばれてきたころにはすでに意識はなく、脳死の可能性が高いということだった。
受け入れがたい現実ではあったが、家族で最後のお別れをする薫子達。
そのとき、薫子が握っていた瑞穂の手がわずかに動いた。
「瑞穂は死んでません。必死に生きようとしています。私にはわかります。」薫子は思わず叫んでいた。
奇跡が起きて瑞穂が目覚めることを信じた薫子は、瑞穂の延命措置を続け、ついには自宅療養で自分が面倒を見続けることを決意した。
幸い、和昌は会社の社長だったため、薫子が仕事を辞めて瑞穂の介護に専念するために、生活費のすべてを支援することを承諾した。
そして、目覚めない瑞穂の、自宅療養の日々が始まった。
指一本動かせず、体温調整やホルモンバランスの管理もできない薫子の、過酷な介護の日々で疲労する薫子。

少しでも助けになればと考えた和昌は、人工呼吸器の代わりに、非情にレアな、横隔膜を自動で動かす手術を提案した。
また、自社の研究者の星野祐也 (坂口健太郎) の協力を得て、電気信号を与えて IT の力で体の筋肉を強制的に動かす機械を瑞穂のために導入した。
それらは想像以上にいい効果をもたらし、瑞穂は健康的な体を維持することができた。

しかし、いつか瑞穂が目覚めると信じて疑わない薫子は、眠り続ける瑞穂を車椅子に乗せて様々なところに散歩に出かけるようになり、近所からは奇異な目で見られるようになった。
さらに、弟の生人の小学校の入学式まで連れて行き、生人はいじめを避けるために、瑞穂はすでに死んでいるというようになった。
瑞穂の死を受け入れられない薫子は、生人にきつく当たり、周りの妹や姪、実の母にさえも敵意をむき出しにするようになった。
和昌から、瑞穂は脳死状態であり、もう死んでいるんだと現実を突きつけられた薫子は、包丁を持ち出して瑞穂につきつけ、警察を呼び、この子を刺して心臓を停止したら、自分は殺人罪に問われるのか?それとも、すでに瑞穂は死んでいるから、自分は罪に問われないのか?と訳の分からないことを叫ぶほどに心身ともに疲弊していた。
その場は、生人と、姪の若葉 (荒川梨杏) の説得もあって包丁を収めたが、薫子の心はもう限界だった。

そんなある日、薫子が目を覚ますと、奇跡的に瑞穂が目覚めていた。
瑞穂の元にすがり、回復を喜ぶ薫子に、瑞穂は言った。
「お母さん、今までありがとう。」
すべてを悟った薫子は答えた「そう。もう逝くのね。」
頷く瑞穂。
薫子が夢から覚めると、瑞穂は危篤状態になって、そのまま安らかに天寿を全うした。

その後、脳死判定を受け、脳死が確定した後に、ドナー登録をして臓器を他の子供たちのために活かしてもらうことにした。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ