2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

アメリカン・アサシン 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

アメリカン・アサシン 映画





(70%)

邦題 アメリカン・アサシン
原題 American Assassin
監督 マイケル・クエスタ
脚本 スティーブン・シフ, マイケル・フィンチ, エドワード・ズウィック, マーシャル・ハースコビッツ
原作 ヴィンス・フリン, 『American Assassin』
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ, ニック・ウェクスラー
製作総指揮 ダニエル・M・スティルマン
出演者 ディラン・オブライエン, マイケル・キートン, サナ・レイサン, シーヴァ・ネガー, テイラー・キッチュ
音楽 スティーヴン・プライス
撮影 エンリケ・シャディアック
編集 コンラッド・バフ
製作会社 CBSフィルムズ, ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
配給 ライオンズゲート(アメリカ), キノフィルムズ(日本)
公開 2017年9月15日(アメリカ), 2018年6月29日(日本)
上映時間 111分

アメリカン・アサシン 感想 レビュー


アメリカン・アサシンの感想です。
アサシン (暗殺者) というからには、レオンのような殺し屋をイメージしていましたが、ボーンアイデンティティーのような CIA の話でした。
内容は面白かったですが、この手の映画は多数夜に出ているので、可もなく不可もなくという印象。
ただ、主演のディラン・オブライエン氏はめちゃめちゃイケメンで、ヒロインのシーヴァ・ネガー氏は可愛かったです。
マイケル・キートン氏は古参の軍人の役が非常に似合いますね。
バードマンの演技で演技派俳優の地位を確固たるものにしましたが、軍人キャラクターの方が似合います。

マイケル・キートン氏、実は1980 年代のバットマンだったんですね!
昔見たバットマンの顔を全然覚えていなかったので、見ても全くピントこななったのですが、確かにバットマンはこんな顔されていましたね。
今ではすっかり悪人顔の俳優として定着している気がしますがw

あと、主人公のディラン・オブライエン氏はメイズ・ランナーのトーマスだったんですね。
メイズ・ランナーシリーズは好きで前作見ましたが、全然トーマスの印象と違いました。
っていうか、トーマスってこんなにイケメンだったっけな?
メイズ・ランナーでは、どちらかというと良い子ちゃんキャラクターでしたが、ワイルドな感じも全然ありですね。

さて、本作は、人気が出たらシリーズ化したいのかな?という印象もうけますが、ん~、どうでしょう?
テロリストに恋人を殺された復讐っていうのも、映画としてはありきたりだし、全体的に印象薄いし、ボーンアイデンティティー、ジャック・リーチャーなどがある中で、あえてこれを出す必要はあったのかな?
せめてもうちょいユニークな設定、ユニークな演出がほしかった。
興行収入も、悪くはなかったようですが、そこまで良いというものでも無いようですし。。。。

CIA 系のアクション映画が好きな方には良いかもしれませんが、あえて「見たほうが良い」とおすすめするほどのインパクトは、正直なかったですね。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ