2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 あらすじ ネタバレ





家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。のあらすじ(ネタバレ)です。

タイトルがすべての映画です。

バツイチの加賀美じゅん (安田顕) は、現在の奥さんと結婚してからもうすぐ 3 年になる。
飲食店の 50 % は 3 年で閉店するという話を元に、3 年後に結婚生活を続けるか、離婚して別々の生活を続けるかの決断をしようと約束していたじゅんは、3 年目を目前として、少し恐れていた。

そんな中、ある日家に変えると、妻の加賀美ちえ (榮倉奈々) が口から血を流し、床に倒れていた。
大きな声で呼びかけ、体を揺すっても目を覚まさないちえ。
驚いて救急車を呼ぼうとしたときにちえは目を覚まし、じゅんの慌てぶりを大笑いし他かと思うと、いそいそと夕飯の準備を始めた。

それからも、毎日、じゅんが家に変えると、ちえが死んだフリをしていた。
最初のうちは「かまってほしいんですよ。良い奥さんですね。」と笑っていた同僚の佐野壮馬 (大谷亮平) も、毎日続く奇行に疲れるじゅんを見て、いろいろと助けてくれるようになる。
壮馬の提案で、壮馬の妻の佐野由美子 (野々すみ花) も交え、4 人で夕食を食べることにした。
ちえはすぐに由美子と仲良くなり、一緒にランチに行くようになる。
順調そうに見えていた佐野夫婦だったが、意外にも由美子は大きな不安を抱えていることを、ちえは知った。

その後もちえの死んだふりは続いたため、佐野夫婦が加賀美家に遊びに来て一緒に食事をしたときに、壮馬がちえに対して、少しだけ遠回しに、死んだフリをやめるように伝えた。
しかし、それが由美子の怒りポイントに着火し、由美子は結婚生活の不満を漏らしだした。
その場はちえの機転でいい雰囲気になったが、その後も佐野夫婦は話し合いを続けたらしく、離婚することになった。
子供ができないことでずっと悩んでいた由美子だったが、不妊治療の一貫で、問題があったのは由美子の体ではなく、壮馬の精子だということがわかったのもきっかけの一つだったようだ。

その後、ちえ宛に電話があり、ちえの父親の進一 (螢雪次朗) が倒れて病院に運ばれたことがわかった。
急いで病院に行く加賀美夫婦。
幸い、命に別状はなく、意識もしっかりとしている進一。
ベッドに横たわる進一から、じゅんは、ちえの死んだフリの起源となる話を聞いた。
妻を失って男で一つでちえを育てていた進一は、仕事、家事、育児に疲れ切っていた。
ある日仕事を終えて家に変えると、まだ幼く、寝ているはずのちえの姿がなかった。
しかし、くすくすと笑う声が聞こえ、ちえが押入れに身を潜めて笑っているのがわかった。
その日から、ちえは毎日進一が帰ってくる時間に、かくれんぼをして待っていた。
疲れ切っている進一を元気づけるための、ちえの配慮だったのだ。

進一の話を聞いてちえの気持ちを悟ったじゅんは、ちえの死んだフリが、「じゅんのことを好きだということ」「これから先もずっと一緒にいて結婚生活を続けたいということ」の意味のメッセージだったことに気づいた。
しかし、ちえが帰宅したときに、じゅんが死んだふりをして待っていたら、ちえは激怒した。
それをみたじゅんは呆然としてちえを見ていた。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ