2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

さよならの朝に約束の花をかざろう 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

さよならの朝に約束の花をかざろう 映画





(70%)

邦題 さよならの朝に約束の花をかざろう
監督 岡田麿里
脚本 岡田麿里
製作 遠藤直子, 京谷知美, 竹中信広, 菊池宣広
出演者 石見舞菜香, 入野自由, 茅野愛衣, 梶裕貴, 沢城みゆき, 細谷佳正, 佐藤利奈, 日笠陽子, 久野美咲, 杉田智和, 平田広明
音楽 川井憲次
主題歌 rionos「ウィアートル」
撮影 並木智
編集 高橋歩
制作会社 P.A.WORKS
製作会社 PROJECT MAQUIA
配給 ショウゲート
公開 2018年2月24日(日本)
上映時間 115分

さよならの朝に約束の花をかざろう 感想 レビュー


さよならの朝に約束の花をかざろうの感想です。
非情にやさしいタッチのファンタージ―映画で、世界観がとても良かったです。
人の出会い、分かれ、愛、つながりなどをテーマとして描いた優しい映画なので、そういった作品が好きな方にはツボに入ると思います。

個人的には、国同士の争いや、登場人物の拝啓や思い、感情をもっと深堀してほしかったですが、2 時間で描くならこの内容の方が良かったかもしれません。
鑑賞後に優しい気持ちになれる映画だと思いました。
「君の名は。」の新海誠監督が、本作を見て、Twitterで「自分の中のふだん忘れていた記憶を揺さぶられる、素敵な映画だった。初監督としてこれだけの質を突きつけられると、嫉妬もするし焦りもしてしまう」と高評価のツイートをしたようです。
確かに、初監督作品とは思えない繊細な仕上がりの映画で、とても素晴らしかったと思います。

好みの問題で、個人的な点数は 70 点に抑えましたが、人によっては、80 点、90 点と、もっとずっと高評価になってもおかしくない作品かと思います。
家族で見てもいいし、恋人とみてもいいし、胸にしみいる映画かなと。
男だけで見に行く映画ではないとは思いますが、それ以外では様々なシチュエーションで多くの人に受け入れられやすい映画かと思います。
公開当初は全国で 76 スクリーンと、決してメジャーな映画ではなかったかと思いますが、評価も高く、映画賞も複数受賞している隠れた名作と言えるかもしれませんね。(好き嫌いは別れるところかもしれませんが)
この監督は、後々化けそうな、大きなポテンシャルをお持ちの方だと思います。新海誠監督のように。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ