2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ライトオフ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ライトオフ あらすじ ネタバレ





ライトオフのあらすじ(ネタバレ)です。

うつ病で暗闇の中で誰かと話す癖のある母親を心配する幼い息子のマーティン。
マーティンの父親は、母のうつ病を治すために奔走していたが、ある日工場の中で何者かに襲われ、無残な姿で発見された。
父親の死後、母親の症状はさらに悪化した。

マーティンは、自宅で電気を消すと現れて、電気をつけると消える女性が怖く、自宅で眠ることができなかった。
授業中に何度も寝てしまい、学校から親を呼ぶように怒られたマーティンは実の姉のレベッカ (母親は同じだけど父親は違う姉で、レベッカの父親は数年前に失踪している。レベッカ自身も家を出て一人暮らししている) に助けを求めた。

レベッカは、恋人のブレッドとマーティンを引き取りに来て、そのまま母親の待つ自宅まで送った。
しかし、母親のうつ病の症状が悪化していることに気付いたレベッカは、幼い弟を家に残すことが心配で、自分の家まで連れて行った。
その夜、レベッカの家に謎の女性・ダイアナがやってきて、レベッカに襲い掛かってきた。
なんとか襲われる直前に明りをつけることができ、無事に済んだレベッカだったが、自分が幼い日にダイアナと遭遇していた日々を思い出した。
ただの悪夢だと思っていたダイアナは、実在する存在で、今も母親と弟を苦しめていたのだった。

保護観察官から、レベッカがマーティンを母親の元から遠ざけて一緒に住むことはできないと忠告してきて、仕方なくマーティンを自宅に連れて行った。
たまたま母親がいない間に家の中を捜索したところ、ダイアナに関する資料が見つかった。
母親が幼い日にうつ病の治療のために入院していた精神病院に、重度の皮膚病で入院していたのがダイアナだった。
ダイアナは、人の頭の中に入り込んで強い暗示を植え付ける能力を持っており、母親と強制的に友達になったらしい。
しかし、ダイアナはその後の光治療の影響で死んでいた。

マーティンを守るために母親の家に泊まることにしたレベッカとブレッドは、明りを全灯した状態で寝たが、ダイアナによって停電にされて、家は暗闇に覆われた。
地下室に閉じ込められたレベッカとマーティンを救うために、警察を呼んだブレッドだったが、警察はダイアナにあっさりと殺されてしまった。
ブラックライトとハンドライトでダイアナに挑むレベッカだったが、狂暴で怪力なダイアナには太刀打ちできず。

レベッカがダイアナに殺されそうになった時、母親が現れ、「私の子供たちには手は出させない」と言って自分のこめかみに拳銃を突きつけ、打ち抜いた。
母親の死と共にダイアナも消え、レベッカとマーティンは無事に保護された。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ