2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 無料 動画 評価


Sponsored Link

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 無料





映画ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。



ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 動画



予告動画


スターウォーズ・シリーズの人気キャラクター・ハン・ソロの若き日を描いたスピンオフ映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の予告動画です。
ハン・ソロとチューバッカの出会いや、プレミアム・ファルコンとの出会い、以外な反乱軍とのつながりなども描かれていて面白かったです。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 評価


ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの評価は、賛否両論あるようです。

好意的なコメントとしては、
・低評価であったが、私的には大満足の一品となった。現在55歳を過ぎた老人も久しぶりにStarWars第1作を初見した時の興奮を思い出す程ワクワクした。確かにフォースも無ければジェダイのジェの字も出てこない本作をStarWarsシリーズと呼ぶのに抵抗がある方も多いだろうが、これは紛れもなく「昔々、はるか銀河の彼方」での映画である。
・凄い面白かったです。そんなには外さないだろうくらいで観に行ったら、大当たりで何度か映画館行きました。フォースもジェダイもいないけど、SWでもそれは多くの人には御伽みたいなもので、そんな銀河の片隅から這い出てきた青年のお話。世界を見ていくハン・ソロの眼差しが印象的でした。チューバッカとの出会い、このコンビがいっぱい観れて良かったです。ハン・ソロはハリソンじゃなきゃ絶対嫌!ジェダイがいなきゃ嫌!フォースがなきゃ嫌!帝国と戦わなきゃ嫌!みたいな妙はこだわりがなきゃ楽しめる映画だと思います。
・監督に途中起用ながらルーカスの古くからの親友でベテランのロン・ハワードを起用したおかげで、シリーズの象徴であるジェダイ=ライトセーバー戦が出てこないなど古参のうるさ型のファンには不満が残るだろうが、ディズニー版で最もスターウォーズらしさが色濃く出た好編に仕上がっている。不安要素の一つだった主演のハリソン・フォードというよりレイ・リオッタ似のハンソロ役も彼なりに役柄を自分のものにしていて違和感無し。ライトなファンには満遍なく満足できる作品だろう。

批判的なコメントとしては、
・映画の出来は、あくまでも脚本に大きく左右される。今回のものは、旧来のファンを納得させることは全くできなかったばかりか、あちこちの伏線と、それを次回作以降で回収しようと画策しているあざとさが浮き彫りとなっているために、鑑賞中にもはや白けてしまった駄作である。こんな作品の未解決な箇所の回収なんぞ観たくもない。だから、永遠に続編は作る必要も無い。もっと脚本に注意を払うように猛省を求める!
・楽しみにして映画館に行きました!見ました!クソつまらない!途中退屈すぎてイライラしたのも覚えています。どーでもよいストーリーがダラダラ最初から最後まで続きます。チューイとの出会いも軽すぎて感動無し!スターウォーズシリーズで唯一購入しない作品です!自分の中でこの作品は無かったことにします!
・今まで本筋のSWサーガでは描かれなかった部分、どうやってチューバッカは相棒になったか、若かりしランドとのライバル関係など脳内補完で勝手に想像を楽しむのがファンの醍醐味の一つだったのに、こうやって実際に映像化されちゃって尚かつそれが面白くなかった!『え~!!チューバッカとの出会いって実はこんなにつまらないものだったの~?』とガッカリさせられちゃったじゃないか!今後ルーカスの旧作見返す時も、この陳腐なバックストーリーが残像になって悪影響を及ぼしてくることになる。大したもの出来ないんだったらディズニーはもう乱発するのやめとけ。金持ってたら何してもいいのかよ!やるならもっと計画を練って必ず成功させる、それが買収した者の義務だ。時間かけなさ過ぎ、安易に作り過ぎ。なんかディズニーのおかげでSWの品格がどんどん堕ちていってる気がしてる。

参考:アマゾンのレビューページ
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 評価

本作は賛否両論ありますが、コアなスターウォーズ・ファンからは非常に厳しい批判が相次いでいるようです。
興行収入も芳しく無く、「スターウォーズ・ブランドはもう終わった」という声も少なくないように思います。
まぁ、どんなシリーズでも長く続けば、すべて名作というわけには行かないと思いますひ、実際のところ「スターウォーズ」という看板を背負わなければ十分面白いのに、「スターウォーズ」という看板を背負ったために猛批判にあっている作品も少なくないように思います。
そういう意味では、ディズニーも被害者かもしれませんが、やっぱり買収して、関連作品を乱立するからには、ファンの期待にそう作品にしてほしいというのも最もな意見かなと。
コアなファンの多い作品は、実写映画化や続編の制作などに苦しむことが多いと思いますが、「スターウォーズ」はその中でも別格な気がします。
初回作品のエピソード 4 の公開が 1977 年なので、40 年以上に割ってファンを増やし続けているモンスター・シリーズですし、ファン層も多岐にわたっていますしね。
すべてのファンに受け入れられる作品なんて絶対つくれないから、監督するだけでも胃が痛いんじゃないかな。

本作は、コアなファンからの評価は低くて可愛そうですが、映画事態の出来としては、そんなに悪くないと思いますよ。ライトな知識しかない私個人としては十分楽しめました。
ただ、念の為、見るときには期待値はぐっと下げて見ることをおすすめします。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ