2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

プーと大人になった僕 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

プーと大人になった僕 あらすじ ネタバレ





プーと大人になった僕のあらすじ(ネタバレ)です。

イギリスの田舎に住む少年クリストファー・ロビン (オートン・オブライエン) は、100 エーカーの森でくまのプーさん (ジム・カミングス) や仲間達と楽しく暮らしていた。
成長したクリストファー・ロビンは、100 エーカーの森の仲間達に別れを告げ、寄宿舎学校に通うことになった。
寄宿舎学校での厳しいしつけや教育、第二次世界大戦、結婚と育児、新しい仕事を通して大人になったクリストファー・ロビンは、少年時代の 100 エーカーの森で過ごした日々を忘れてしまっていた。

クリストファー・ロビンが働く旅行かばん会社のウィンズロウ社では、戦争で旅行客が激減した影響で旅行かばんが売れなくなり、大幅なコスト削減ができなければ、多数の部下をリストラすると上司から通告を受けた。
クリストファー・ロビンは、楽しみにしていた家族との旅行をキャンセルし、休みを返上してコスト削減の計画を詰めることにした。
仕事人間になってしまったクリストファー・ロビンに対して、妻のイヴリン・ロビン ‘ヘイリー・アトウェル) と娘のマデリン・ロビン (ブロンテ・カーマイケル) は嫌気がさし、二人だけでクリストファー・ロビンが小さいころ住んでいた家に向かって休日を過ごすことにした。

一人家に残ったクリストファー・ロビンは、たまたま立ち寄った公園で、くまのプーさんと再会した。
プーさんは、消息不明になってしまった 100 エーカーの森の仲間達を探すために、クリストファー・ロビンの助けを借りに来たのだった。
プーさんを無視して仕事を続けたかったクリストファー・ロビンは、帰り方がわからないというプーさんを直接 100 エーカーの森に返すために、

だったが、マイペースで悪気もなく邪魔をするプーさんを見て、直接プーさんを 100 エーカーの森に連れ返したほうが仕事に集中できると判断したクリストファー・ロビンは、田舎の家に向かった。
数十年ぶりに 100 エーカーの森に帰ったクリストファー・ロビンは、そこで 100 エーカーの森の仲間達のティガー (ジム・カミングス), イーヨー (ブラッド・ギャレット), ピグレット (ニック・モハメッド), オウル (トビー・ジョーンズ), ラビット (ピーター・カパルディ), カンガ (ソフィー・オコネドー), ルー (ワイアット・ディーン・ホール) と再会した。
結果的にプーさんの願いを聞き入れて、失踪した 100 エーカーの森の仲間達を探し出したクリストファー・ロビンは、子供のときの気持ちを取り戻した。

疲れ切っていたクリストファー・ロビンは、そのまま 100 エーカーの森で寝てしまい、休日が終わってしまった。
会議に間に合うように大急ぎでロンドンに向かったクリストファー・ロビンだったが、カバンの中の大事な資料は、ティガーの厚意によって 100 エーカーの森の木々や葉っぱ、風見鶏に変えられていた。
クリストファー・ロビンにとって、会議の資料が非常に大事なものだと認識していたプーさんは、クリストファー・ロビンに資料を届けるために、再び 100 エーカーの森を出た。
森を出たところでマデリンと出会い、一緒にロンドンへ向かった。

娘のマデリンが一人でいなくなったことに気付いたイヴリンは、急いでロンドンに戻り、クリストファー・ロビンに告げた。
クリストファー・ロビンは大事な会議を抜け出してマデリンを探し、なんとか 100 エーカーの森の仲間達と一緒にいるマデリンを見つけ出すことができた。
不幸なことに会議の資料は紛失してしまったが、マデリンが無事だとわかってほっとするクリストファー・ロビン。
一枚だけ手元に残った資料を見て打開策をひらめいたクリストファー・ロビンは、急いで会議室に戻り、旅行に二の足を踏んでいる富裕層向けの高価な旅行かばんではなく、中低層向けの安い旅行かばんを大量に販売することで業績を伸ばすビジネスモデルを説明した。
ウィンズロウ社の社長の許可が下り、クリストファー・ロビンは旅行かばん部署の大量リストラを防ぎ、業績アップに貢献した。

家族を犠牲にして忙しく働いていたクリストファー・ロビンは、仕事よりも家族が大事だということを再認識して、家族と過ごす時間を第一に考えるようになった。
また、あくせく働くよりも、ときには何もしないことの方が良い結果を引き寄せるというプーさんの言葉 (少年時代の自分がプーさんに伝えた言葉) を再認識した。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ