2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

パシフィック・リム: アップライジング あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

パシフィック・リム: アップライジング あらすじ ネタバレ





パシフィック・リム: アップライジングのあらすじ(ネタバレ)です。

太平洋の海底の裂け目が閉じて、異世界人「プリカーサー」からの襲撃が終わってから 10 年後の地球。
一般人は久方ぶりの平穏を満喫していたが、怪獣対策部隊の人員は、再び裂け目が開いて怪獣が攻めてきた時のために、対策を進めていた。

10 年前の戦いで戦死して英雄となったスタッカー・ペントコスト司令官の息子ジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガ) は、怪獣に破壊された街に住み、盗みと犯罪で生計を立てる自堕落な生活を送っていた。
ある日、10 年前の戦いで破壊されたイエーガー (怪獣と戦うために人類が開発した巨大な人型ロボット) から、高価な部品を盗み出そうとしていたとき、一人の少女に先に部品を盗み出されてしまった。
その少女アマーラ・ナマーニ (ケイリー・スピーニー) の後を追ったジェイクは、アマーラが密かに自力で小型のイエーガー「スクラッパー」を作り出していたのを知り、驚愕した。
しかし、ジェイクがアマーラと出会った直後、アマーラの工場が警察に囲まれてしまい、アマーラはスクラッパーを操作して逃走を試みた。
逃走はうまくいくかに見えたが、巨大なイエーガーによって行く手を阻まれ、捕まってしまった。

犯罪歴のあるジェイクは刑務所に行くか、イエーガーの教官として PPDC (環太平洋防衛軍) に戻るかの選択を迫られ、教官として戻る道を選んだ。
同じく訓練生になったアマーラと一緒に PPDC に戻ったジェイクだったが、能力はあるものの、PPDC の取り組みには消極的で、やる気のない態度を隠さなかった。

そんな中、中国の巨大企業のシャオ産業のリーウェン・シャオ (ジン・ティエン) 社長は、元 PPDC の有能な研究者のニュートン・ガイズラー (チャーリー・デイ) と共に、無人機としてリモート操作するドローン・イエーガーを発表した。
安全性に不安の残るドローン・イエーガーは、多くの首脳陣から批判的な意見を得たが、イエーガーのパイロット不足問題に対して効果的なのも確かだった。

ドローン・イエーガーを採用するかどうかの会議がオーストラリアのシドニーで開かれる日、突然正体不明のイエーガーがシドニーに現れ、街を破壊し始めた。
ジェイクは、同僚のネイサン・ランバート (スコット・イーストウッド) と一緒にジプシー・アベンジャーというイエーガーで対応したが、闘いに巻き込まれた、ジェイクの義理の姉の森マコ (菊地凛子) が殉職してしまった。

悲しみに暮れるジェイクは、マコが死ぬ直前に送った情報を手掛かりに、ジプシー・アベンジャーに乗ってシベリアに向かうと、シベリアで正体不明のイエーガーに再会した。
苦戦しつつも、なんとか正体不明のイエーガーを倒したが、パイロットは人間ではなく、異星人のプリカーサーであることを発見してしまった。

一方、正体不明のイエーガーの襲撃で危機感を増した首脳陣は、ドローン・イエーガーの採用を正式決定し、世界各地に配備した。
しかし、配備されたドローン・イエーガーにはプリカーサーが乗り込んでおり、世界各地の基地を破壊し、さらに世界の海底に無数にある裂け目を開け始めた。
実はすべての黒幕であるニュートンがプリカーサーに操られて仕組んだことだったとわかり、ドローン・イエーガーの暴走を止めることに成功したが、時すでに遅く、一時的に開いた裂け目からは、3 体の巨大な怪獣が姿を現していた。
怪獣は日本の富士山に集まろうとしていることがわかり、PPDC はすぐにイエーガーを修理して、4 体のイエーガーと訓練生で怪獣に立ち向かうこととなった。

東京・静岡での戦いとなり、巨大な怪獣に手を焼くジェイクたちだったが、訓練の成果を出してなんとか怪獣に大きなダメージを与えた。
しかし、ニュートンが密かに用意していた、多数のプリカーサーの子供たちが怪獣と合体し、3 体 + 無数のプリカーサーが 1 体の超巨大な怪獣メガ・カイジュウとなった。
メガ・カイジュウの力は強大で、イエーガー達はまとめて倒されてしまった。

富士山を目指すメガ・カイジュウに対し、重症を負ったネイサンの代わりにアマーラがジプシー・アベンジャーに乗り込み、ジェイクと共にメガ・カイジュウに向かった。
PPDC の科学者・ハーマン・ゴットリーブ博士 (バーン・ゴーマン) が開発したロケットブースター (怪獣の血液とレア・アースをかけ合わせることで爆発的な起爆力を発揮する) を使って大気圏まで飛び出し、急降下してメガ・カイジュウに体当たりする作戦を立てた。
作戦は見事に成功し、メガ・カイジュウを倒すことができた。

捕まったニュートンに対し、ジェイクは「もう地球に攻めてこなくていい。今度は俺たちの番だ!」と吐き捨てたところで映画は終わり。
続編を期待させる終わり方でした。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ