2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

マレフィセント ネタバレ


Sponsored Link
マレフィセントのネタバレです!



ディズニー映画の名作「眠れる森の美女」とだいぶ設定やストーリーが違うので、まだ見ていない方はネタバレ読まないことをおすすめします。


人間の住む王国と、妖精の住む王国が対立している世界が舞台です。大きな翼を持つ少女の妖精マレフィセントは、妖精の住む王国で自由に暮らしていました。
ある日、人間の少年ステファンと出会い、二人は毎日一緒に遊びながら、淡い恋をはぐくみましたが、大人になるにつれて会うことも少なくなっていきました。


数年経って、マレフィセントが妖精の王国のリーダーになった頃、人間の王国が、妖精の王国を支配しようと挙兵しました。
マレフィセントと妖精たちの活躍により、人間たちは返り討ちにあい、王様は病にふしてしまいました。
王様は、マレフィセントを討ち取った者に王位を継承すると宣言し、ステファンに野心が芽生えます。


ステファンは、マレフィセントに逢いに行き、特別な薬で眠らせた後、マレフィセントの翼をもぎ取って王国に持ち帰りました。
ステファンは、マレフィセントを討ち取った英雄として王位を継承し、しばらくの間は幸せに暮らしました。

しかし、ステファンの娘「オーロラ姫」が生まれた日、マレフィセントはステファンの前に現れ、オーロラ姫に呪いをかけます。
それは、「16歳になった日に糸車の針にさされて死んでしまう」という呪いでした。(糸車なんて見たことが無い現代では考えにくい呪いですねw)


許しを請うたステファン王の顔を立てて、「真実の愛のキスで目が覚める」という救いの方法も残していきました。(眠れる森の美女では3人の魔女の3人目が呪いを破る方法を授けましたが、今回はマレフィセント自身が授けています)

呪いを恐れた王様の指示で国中の糸車が壊され、オーロラ姫は16歳になるまで3人の妖精と一緒に森の中で暮らすことになりました。
しかし、3人の妖精は家事や育児がとても下手で、マレフィセントが影ながらオーロラ姫を助け、育てます。(この発想が面白いですね)

オーロラ姫はすくすくと育ち、元気な少女に成長したある日、マレフィセントと出会いました。
オーロラ姫はマレフィセントが好きになり、最初は敵意むき出しだったマレフィセントも、オーロラ姫に好意を示すようになりました。

16歳の誕生日を迎えたオーロラ姫は、3人の妖精から呪いの話しを聞いてしまい、母親代わりに思っていたマレフィセントが自分に呪いをかけたことも知ってしまいます。
オーロラ姫はショックを受けて、父親のいる城に向かいます。


しかし、ステファン王は、マレフィセントからの復讐を恐れるあまり、疑心暗鬼で心が壊れた凶暴な人間になっていました。
オーロラ姫は、16歳になったばかりだったため、のろいから守るために部屋に閉じ込められますが、呪いの力は強く、城の地下に隠されていた糸車に刺されて眠りについてしまいます。
眠りについたオーロラ姫を救うため、マレフィセントは王子を連れてきてオーロラ姫にキスをさせますが、真実の愛では無いため、オーロラ姫は目を覚ましませんでした。


マレフィセントは過去の自分の行いを悔やみ、オーロラ姫に優しいキスをします。すると、オーロラ姫は目を覚ましました。
マレフィセントのオーロラ姫への思いは、いつしか真実の愛になっていたのです。


一緒に城から逃げようとする2人に対し、ステファン王と多勢の兵士たちが襲いかかります。
マレフィセントは、従者のカラスをドラゴンに変えて兵士たちに対抗しようとしますが、兵士たちの統率の取れた動きが良く、鉄の網で捕らえられて殺されそうになります。
もう少しで殺されるという瞬間に、オーロラ姫が解放したマレフィセントの翼が戻り、マレフィセントは逃げ出すことができました。


しかし、ステファン王はしぶとくマレフィセントを殺そうとし、塔の上から一緒に落ちますが、マレフィセントには翼が戻っていたため、ステファン王のみが棟から落ちて死んでしまいました。
邪悪な王は消え、オーロラ姫が人間の国と妖精の国を統治することになり、めでたしめでたしとなりました。


ディズニー映画らしく幻想的で綺麗な世界が描かれていました。
家族愛もテーマにされているので、家族や大事な人と見るのが良いと思います。



ちなみに、私が無料でマレフィセントを見た方法をまとめましたので、良かったら読んでみてください。

マレフィセントを無料で見る方法

少しでも参考になりましたら幸いです(^^)

【1ヶ月無料】DMM.com 送料無料 最新作OK




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ