2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ランペイジ 巨獣大乱闘 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ランペイジ 巨獣大乱闘 あらすじ ネタバレ





ランペイジ 巨獣大乱闘のあらすじ(ネタバレ)です。

人間嫌いで動物大好きの霊長類学者・デイビス・オコイエ (ドウェイン・ジョンソン) は、動物園でゴリラと心を通わせながら生態を研究する生活を楽しんでいた。
オコイエの通う動物園のゴリラのリーダーであり、オコイエの親友でもあるジョージは、ある日空から降ってきた小型のカプセルから噴き出してきたガスを吸ってしまい、体が巨大化してしまった。

カプセルは、シカゴのエナジー社が遺伝子研究の末に動物を巨大化させ、さらに凶暴化させるのに成功した特別なガスを収めたものだったが、宇宙での動物実験で不慮の事故が起きたため、大破した宇宙船と共に地球に落下したものだった。
また、カプセルは他にもあり、ゴリラのジョージの他に野生のオオカミと野生のワニも巨大化させていた。
エナジー社の社長姉弟である、姉のクレア・ワイデン (マリン・アッカーマン) と弟のブレット・ワイデン (ジェイク・レイシー) は、狂暴化した動物たちを刺激する特殊な低周波を発信してシカゴに招き寄せ、アメリカ軍隊に動物を殺させて死骸を回収する計画を立てた。

低周波によってシカゴに向かったジョージを追うため、オコイエは遺伝子学者で元エナジー社研究員のケイト・コールドウェル博士 (ナオミ・ハリス) と一緒にシカゴに向かった。
政府機関に勤めるハーベイ・ラッセル (ジェフリー・ディーン・モーガン) は、もともとはジョージを捕まえようとしていたが、暴れだしたジョージによって殺されそうになったところをオコイエに命を救われ、オコイエの味方になっていた。

シカゴでは、巨大化したゴリラのジョージ、巨大化した狼、巨大化したワニが集結し、怪獣大乱闘さながらに大暴れしていた。
オコイエは、エナジー社に侵入して狂暴化を抑える薬を持ち出し、なんとかジョージの狂暴化を抑えることに成功した。
また、我を取り戻したジョージと共に狼とワニを撃退することに成功し、街を救った。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ