2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ランペイジ 巨獣大乱闘 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

ランペイジ 巨獣大乱闘 映画





(70%)

邦題 ランペイジ 巨獣大乱闘
原題 Rampage
監督 ブラッド・ペイトン
脚本 ライアン・イングル, カールトン・キューズ, ライアン・J・コンダル, アダム・スティキエル
原案 ライアン・イングル
製作 ボー・フリン, ジョン・リカード, ブラッド・ペイトン, ハイラム・ガルシア
製作総指揮 マーカス・ビシディ, ドウェイン・ジョンソン, ダニー・ガルシア, ジェフ・フィアソン, トビー・エメリッヒ, リチャード・ブレナー, マイケル・ディスコ
出演者 ドウェイン・ジョンソン, ナオミ・ハリス, マリン・アッカーマン, ジェイク・レイシー, ジェフリー・ディーン・モーガン
音楽 アンドリュー・ロッキングトン
撮影 ジャロン・プレサント
編集 ジム・メイ, ボブ・ダクセイ
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給 ワーナー・ブラザース(アメリカ)(日本)
公開 2018年4月13日(アメリカ), 2018年5月18日(日本)
上映時間 107分

ランペイジ 巨獣大乱闘 感想 レビュー


ランペイジ 巨獣大乱闘の感想です。
巨大な怪獣がジャングルや街中などで大暴れしたり、戦いあうシーンが豊富にあって面白かったです。
とてもシンプルなストーリーなので、子供も一緒に何も考えずに頭空っぽにして楽しめる映画だと思います。

原作は 1986 年にアメリカでリリースされたアーケードゲーム (家庭用ゲーム機ではなく、ゲームセンターなどでプレイするゲーム) の同名作品「ランペイジ」からきているようです。
当時は相当流行ったようで、主役のドウェイン・ジョンソン氏もいまだに「ランペイジを愛している」というくらい、ファンの多いゲームのようです。
私は知りませんでしたが、当時のゲームをプレイした世代では、そういう意味でも楽しめるかもしれません。

主役のドウェイン・ジョンソン氏はムキムキマッチョで頼りになって、相変わらず格好いいですね。
なんか、どの映画を見ても同じようなキャラクターで同じような演技しかしてなくて代わり映えしないはずなのに、なぜかどの映画でも違和感ないどころか作品にぴったりはまっていて、格好いいんですよね。
演技力とか関係なしにムキムキマッチョのスーパーマンがユーモアも混ぜながらスマートに暴れまわるだけで人気が出るなんて、とっても得な方ですね。
あの筋肉量を維持するのは大変そうでもありますがw

政府の掃除屋役のジェフリー・ディーン・モーガン氏が、ウォーキングデッドのニーガンにしか見えない。。。
二―ガン役の印象が強すぎて、なんかいい奴の役をしていると違和感ありますね。

まとめますと、本作は頭空っぽにして、巨大な怪獣たちが大暴れするさまを楽しめる映画で面白かったです。
ファミリー向けでも、デート向けでも楽しめる映画だと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ