2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

レディ・プレイヤー1 感想 レビュー 80点


Sponsored Link

レディ・プレイヤー1 映画





(80%)

邦題 レディ・プレイヤー1
原題 Ready Player One
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 アーネスト・クライン, ザック・ペン
原作 アーネスト・クライン『ゲームウォーズ』(SB文庫)
製作 スティーヴン・スピルバーグ, ドナルド・デ・ライン, ダン・ファラー, クリスティ・マコスコ・クリーガー
製作総指揮 アダム・ソムナー, ダニエル・ルピ, クリス・デファリア, ブルース・バーマン
出演者 タイ・シェリダン, オリヴィア・クック, ベン・メンデルソーン, T・J・ミラー, サイモン・ペグ, マーク・ライランス
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン, セーラ・ブロシャー
製作会社 ワーナー・ブラザース映画, アンブリン・パートナーズ, アンブリン・エンターテインメント, ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ, アクセス・エンターテインメント, デューン・エンターテインメント, ファラー・フィルムズ&マネジメント
配給 ワーナー・ブラザース映画(アメリカ)(日本)
公開 2018年3月29日(アメリカ), 2018年4月20日(日本)
上映時間 140分

レディ・プレイヤー1 感想 レビュー


レディ・プレイヤー1の感想です。
これぞエンターテイメント映画と呼ぶべき、心躍る面白い映画でした。
特に映画好きの方、1980 年代のカルチャーが好きな方には何度見ても楽しめる映画だと思います。
ところどころに出てくる謎解きは頭を使うひっかけになっていますが、ストーリーはシンプルでわかりやすかったです。
VR ゲームが流行りだした今、正直あと数年から十数年したら現実になりそうな世界だと思います。
オアシスの世界で遊んでみたいです。

レディ・プレイヤー1の魅力は、なんといっても有名キャラクターから無名キャラクターまで、無数の様々なキャラクターが出てきて所狭しと暴れまわる点だと思います。
古き良き時代に対するノスタルジックな気持ちになれますし、各キャラクターに対するリスペクトも込められているので、見ていて懐かしくもあり、気持ちの良い映画でした。

映画からはちょっと話がずれるかもしれませんが、この世界はしばらくしたら本当に来ると思うんですよね。
AI の成長目まぐるしい今だからこそ、AI が人から仕事を奪うことを気にしている人は多いかもしれませんが、私は逆に考えていて、AI が人から仕事を奪うからこそ、人が最低限生活していくために必要な仕事がどんどん減っていき、人が仕事以外に閊える時間が増えていくと思っています。
仕事しなくても最低限の生活ができる人が増えていくと思いますし、その分遊びや娯楽、エンターテイメントの比重が増えていくと思います。
そうなると、VR の技術で何にでもなれる世界というのは魅力的ですし、没頭できる時間も今より増えますし、本当にそんな世界がやってくるんだろうなと感じますね。

脱線しましたが、レディ・プレイヤー1は近未来の世界を舞台にしながらも、ノスタルジックななつかしさの宝箱のような思い出の詰まった非情に面白い映画だと思います。
特に 1980 年、1990 年代の映画が好きな方にお勧めしたい映画です。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ