2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

去年の冬、きみと別れ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

去年の冬、きみと別れ あらすじ ネタバレ





去年の冬、きみと別れのあらすじ(ネタバレ)です。
本作はネタバレしてしまうと非常につまらなくなるので、まだ見ていない方はネタバレは読まないほうが良いです。

結婚を目前に控えた若いフリーライターの耶雲恭介 (岩田剛典) は、やり手の雑誌の編集者である小林良樹 (北村一輝) の元に自分の記事を売り込みに来た。
耶雲は、盲目の女性・吉岡亜希子 (土村芳) が、プロのカリスマ・カメラマンである木原坂雄大 (斎藤工) の自宅兼スタジオの火災に巻き込まれて焼け死んだ事件が、殺人罪ではなかったことに疑問を持ち、真相を解明して記事にしようとしていた。
勢い重視で物的証拠のない提案ではあったが、耶雲の本気の態度に感化され、小林を納得させられるだけの記事ができたら雑誌に載せることにした。

早速耶雲は、当の本人である木原坂雄大にアポイントを取り、話を聞きに行った。
木原坂雄大は、耶雲の変質的な情熱にうたれ、自宅の鍵を渡し、密着取材を許可した。
耶雲は早速密着取材を開始し、並行して木原坂雄大の知人からも取材し、木原坂雄大と、その姉の木原坂朱里 (浅見れいな) を含む幼少期の事件などの関連性も調べて行った。

木原坂雄大は、幼少期に実の父親を殺されていたが、殺人犯は結局見つからず、事件は迷宮入りしていた。
また、木原坂雄大は死んだ父親から暴行を受け、姉の木原坂朱里は同じく性的暴行を受けていたという噂を聞きつけた。

木原坂雄大の情報を次々と調べ上げていく耶雲だったが、逆に木原坂雄大は耶雲の婚約者である松田百合子 (山本美月) に興味を持つようになった。
木原坂雄大は百合子に近づき、モデルになってほしいと依頼した。
その日から百合子は失踪した。
百合子は、なんと木原坂雄大の自宅兼スタジオに監禁されていたのだ。
しかし、百合子の意思でスタジオにいるだけだと木原坂雄大は主張し、結局警察も百合子を連れ戻すことはできなかった。
数日後、耶雲が木原坂雄大の自宅を訪れると、火災が発生していた。
門を乗り越えて中に入ると、木原坂雄大が、椅子に座らされて焼け焦げた遺体の写真を夢中になって撮影していた。
遺体は百合子のものと判断され、木原坂雄大は殺人罪で刑務所に送られた。

婚約者が焼き殺されて意気消沈する耶雲だったが、元気づけようとする小林に対して、なぜか目の中のぎらぎらとした光を絶やさず、「僕の原稿が書きあがるのを待ってほしい」とだけ伝えた。
また、小林は密かに耶雲の身元を調べていたが、耶雲という人物は存在せず、中園という男が偽名と偽の経歴を使っていたことが分かった。
不思議に思って中園の前の職場に赴くと、中園は実は焼け死んだ盲目の女性・亜希子の婚約者だったことが分かった。

ここで、話は過去にさかのぼる。

中園は、好意を抱いていた女性・亜希子が木原坂雄大のスタジオで焼け死んでから、事件のことを徹底的に調べていた。
そこで、実は亜希子を殺したのが木原坂雄大の姉の木原坂朱里であり、協力したのが木原坂朱里の恋人の小林だった。
しかも、小林は、木原坂雄大と木原坂朱里が実の父親を殺害したときにも手を貸していて、事件を迷宮入りするのに協力していたのだった。

中園は、自らの手で復讐を果たすことを決意した。
復讐するために、彼氏に借金を背負わされて自殺を考えていた百合子を共犯者に引き込み、わざと木原坂雄大が百合子を監禁するように仕向けたのだった。
しかも、焼け死んだ遺体は、実は百合子ではなく、事前に拉致監禁していた木原坂朱里だった。
中園は、亜希子に直接手を下した木原坂朱里を、自らの手で焼き殺すことで復讐を果たし、木原坂雄大に、実の姉の焼死体を嬉々として撮影させることで復讐を果たした。

去年の冬、亜希子と別れた中園は、亜希子の復讐を果たすために自らを殺し、木原坂姉弟を超えるモンスターになることを望んだのだった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ