2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ボス・ベイビー あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ボス・ベイビー あらすじ ネタバレ





ボス・ベイビーのあらすじ(ネタバレ)です。

両親の愛をほしいままにしてきた 7 歳の少年ティモシー・レスリー・テンプルトン (通称 ティム) (マイルズ・バクシ) の元に、黒いスーツを着た赤ちゃん・セオドア・リンゼイ・テンプルトン (通称 ボス・ベイビー) (アレック・ボールドウィン) がやってきた。
ボスベイビーはあっという間にティムの弟として両親の愛をかっさらい、一家の王者に君臨した。

ティムは両親の愛を取り戻すためにボスベイビーの寝室に忍び込むと、ボス・ベイビーは大人の言葉を話し、上司に何かを報告していた。
ボス・ベイビーは、実はベビー株式会社の中間管理職の仕事人間だった。
ベビー株式会社の赤ちゃんは、特殊なミルクを飲むことによって成長を止めているため姿かたちはずっと赤ちゃんのままだが、実はバリバリと仕事をこなす社会人集団だったのだ。
ボス・ベイビーは、近年赤ちゃんへの愛を奪っている子犬から、家族の愛を取り戻すために大手ペットショップのマーケティングを務めるテンプルトン家に忍び込んだのだった。

ボス・ベイビーは、任務さえこなせばテンプルトン家から出て、両親の愛をティムに戻すことを約束し、代わりにティムに協力を要請した。
任務は、2 日後に迫る新子犬発表会をぶち壊し、子犬への愛の増大を阻止することだった。

両親の会社見学に見事潜入したティムとボス・ベイビーだったが、新子犬のデータを入手するために忍び込んだ資料室でつかまってしまった。
実ははティムの両親が勤める世界的な大手ペット会社パピーコーポレーションの代表取締役のフランシス・E・フランシス (スティーヴ・ブシェミ) は、もともとベビー株式会社で最高の地位まで上り詰めた超大物ボス・ベイビーだったが、特殊ミルクの耐性が付いてしまったために会社を首になり、会社への復讐を誓っていた人間だったのだ。
フランシスはボス・ベイビーから盗んだ特殊ミルクを使い、永遠に年を取らない子犬を開発して、2 日後のコンベンションで世界に発表しようとしていた。

ティムとボス・ベビーはフランシスのお目付け役のユージーン・フランシス (コンラッド・ヴァーノン) によって家に閉じ込められて (子守りされて) いたが、なんとか抜け出し、フランシスの野望と打ち砕くべく、コンベンションが行われるラスベガスに向かった。
ラスベガスに到着し、フランシスの新子犬発表を止めようとしたが止めることができず。
しかし、新子犬がロケットに詰め込まれて世界中に出荷されるのはなんとか防ぎ、フランシスの野望を阻止することができた。

ボス・ベビーは任務をやりとげ、ベビー株式会社に戻って昇進したが、ティムや家族の愛を思い出し、普通の赤ちゃんとしてテンプルトン家に戻ることを決意した。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ