2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

泥棒役者 感想 レビュー 65点


Sponsored Link

泥棒役者 映画





(65%)

邦題 泥棒役者
監督・脚本 西田征史
出演者 丸山隆平, 市村正親, 石橋杏奈, 宮川大輔, 片桐仁, 高畑充希, 峯村リエ, ユースケ・サンタマリア
音楽 遠藤浩二
録音 小松将人
撮影 相馬大輔
編集 日下部元孝
美術 五辻圭
アニメーション制作 朝倉真愛、姫田真武
照明 佐藤浩太
主題歌 関ジャニ∞「応答セヨ」
制作 村田嘉邦、隅田壮一、藤島ジュリーK.、加太孝明、水野道訓
企画・プロデュース 松本整、明石直弓
制作 「泥棒役者」製作委員会(博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、読売テレビ、ジェイ・ストーム、ROBOT、ソニー・ミュージックエンタテインメント)
制作プロダクション ROBOT
配給 ショウゲート
公開日 2017年11月18日

泥棒役者 感想 レビュー


泥棒役者の感想です。
主戦の丸山隆平さんって関ジャニ∞の方だったんですね。
でも、普通の役者さんかと思うくらいに良い雰囲気持ってたと思います。
演技がうまいってわけではないにしても、頑張ってて好感持てました。
映画の主人公の雰囲気にはぴったり合っていたので、多少の演技のぎこちなさが逆に良かったように思えます。

泥棒役者って、もともとは西田征史監督本人が舞台向けに作ったシナリオだったんですね。
本作は、監督が作った舞台向けシナリオの映画化って感じだったんですね。
確かに、舞台映えしそうなシナリオで、昭和の古き良き香りがしました。

映画全体としては、可もなく不可もなくという感じでしょうか。
じんわりとくるほのぼの映画で、途中結構いいことも言っていて、個人的には好きなジャンルでした。
一方で、この映画の売りとか、この映画ならではの何かっていうのがあまり感じられなかったので、点数は 65 点にしました。

しかし、編集者役の石橋杏奈さん、主人公の恋人役の高畑充希さんは可愛かった。
特に高畑充希さんはものすごく良い彼女を演じられていて、こんなかわいい彼女ができるなら泥棒でもいいやって思えるくらい可愛かったです。
高畑充希さんは、「DESTINY 鎌倉ものがたり」でも理想的な新妻を演じられていて、本当に魅力的な方だなと思いました。
朝ドラは見てなかったので、顔だけで見たら特別美人って感じでもないと思ってたんですが、笑顔とか、ちょっとした表情とか、人間的な魅力が加わると非常にかわいい方ですね。
スクリーンの中で輝ける方なので、女優は向いていると思いますし、今後も注目していきたいです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ