2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

DESTINY 鎌倉ものがたり あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

DESTINY 鎌倉ものがたり あらすじ ネタバレ





DESTINY 鎌倉ものがたりのあらすじ(ネタバレ)です。

作家の一色正和 (堺雅人) は、編集部のバイトで原稿を取りにやってきた一色亜紀子 (高畑充希) と互いに一目ぼれし、結婚することになった。
鎌倉でラブラブな新婚生活を送る 2 人だったが、鎌倉は昔から人間と魔物、神様や幽霊までもが共存する不思議な世界だった。
ホラーが苦手な亜紀子だったが、いくつもの不思議な体験を通して、だんだんと鎌倉での奇妙な生活に慣れていく。

正和に急遽執筆の仕事が舞い込んだという電話を受けた亜紀子は、居酒屋で元編集の本田 (堤真一) と飲んでいる正和の元に急いで駆け着けた。
しかし、途中階段を駆け下りるときに転んでしまい、体を見失ってしまった。
幽体でしばらく生活していた亜紀子だったが、一向に体が見つからず、自分が幽体のまま現世で生活するために正和の生命力を奪っていると知った亜紀子は、あの世に旅立つことを決意した。

落ち込み、立ち直れない正和だったが、本田の話から亜紀子の肉体を操っている人の情報を得て、警察の心霊捜査課の助力を得て、亜紀子の肉体を取り戻した。
死神 (安藤サクラ) から、亜紀子の寿命はまだ残っているため、体さえあれば戻れるかもしれないと聞き、幽体離脱してあの世に向かう覚悟を決めた。
魂の抜けた体を先々代からの家政婦のキン (中村玉緒) に守ってもらい、江ノ電であの世に旅立った正和は、まず尊敬する小説家である・甲滝五四朗 (三浦友和) に会いに行った。
納戸から見つかった甲滝五四朗の書きかけの小説に、あの世への生き方が書いてあったから、帰り方も聞こうと考えてのことだった。

甲滝五四朗を母・一色絵美子 (鶴田真由) の不倫相手だと考えていた正和は、あの世でも幸せに暮らしていた甲滝五四朗と母の姿を見て複雑な気持ちになったが、甲滝五四朗の正体が実は実の父の一色宏太郎であったことを知り、長年の悩みが解消された。
しかし、父はあの世に母を取り戻しに来たが、帰るのは失敗したため、帰り方は知らないと言った。
仕方なく、あの世で悪名で有名な魔物・天頭鬼 (古田新太) の城に、捕らえられた亜紀子を連れ戻しに行った。
そこで、正和と亜紀子は大昔から、何度も転生を繰り返しつつ、そのたびに夫婦となっている運命の相手だったことを知らされた。
また、転生のたびに亜紀子を手に入れようとちょっかいをかけていたのが天頭鬼だったのだ。

想像力を具現化するあの世で、作家としての想像力を存分に発揮して亜紀子を連れ出して逃げた正和だったが、現世への帰り道の途中、巨大化した天頭鬼に追いつかれ、つかまってしまった。
正和を助けるために天頭鬼との永遠の夫婦の誓いを立てようとした亜紀子だったが、貧乏神 (田中泯) から受け取ったお椀が助けに来てくれて、天頭鬼から二人を救いだしてくれた。
お椀に乗って現世に戻ってきた正和と亜紀子は再び鎌倉で幸せな生活を送った。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ