2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

シェイプ・オブ・ウォーター あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

シェイプ・オブ・ウォーター あらすじ ネタバレ





シェイプ・オブ・ウォーターのあらすじ(ネタバレ)です。

1962 年の冷戦時のアメリカで、航空宇宙研究センターに世紀の発見となる生物が運び込まれた。その生物は、半魚人 (ダグ・ジョーンズ) だった。
ある日研究室の中から叫び声があがり、リチャード・ストリックランド (マイケル・シャノン) が血まみれで出てくる。
航空宇宙研究センターで働く掃除係の声の出せない女性・イライザ・エスポジート (サリー・ホーキンス) は、親友のゼルダ・フラー (オクタヴィア・スペンサー) と一緒に研究室に呼ばれ、すぐに血まみれの現場を清掃するように命令された。
そこで、イライザは今までに見たこともない異形の生物・半魚人を目撃してしまった。

実験と称して痛めつけられる半魚人に同情したイライザは、半魚人に温泉卵を作って持ってきたり、音楽を聞かせたりと交流を試みて、次第に半魚人と心を交わしていった。
半魚人に指をかみちぎられたストリックランドは、半魚人の生態実験は終えて、殺して生体解剖することを提言し、承諾された。
イライザは、半魚人を救うために、フラーと、隣に住む画家の老人・ジャイルズ (リチャード・ジェンキンス) と一緒に研究室に侵入し、半魚人の救出を試みた。
イライザ達だけでは侵入は失敗していたかもしれないが、運よくロシアから送り込まれていた心優しい科学者のロバート・ホフステトラー博士 (マイケル・スタールバーグ) の協力のおかげで、半魚人を救いだすことができた。

半魚人を自分の部屋の浴室に隠し、一緒に生活しているうちに、イライザはどんどんと半魚人を好きになっていき、種族を超えて性交をするまでに至った。
雨の日、衰弱していた半魚人を海に逃がそうと海岸に来たところで、ストリックランドに見つかり、イライザと半魚人は銃で撃たれてしまった。
ピクリとも動かなくなり、真高に見えた半魚人だったが、体が青く光りだして回復し、ストリックランドを無造作に殺した。
その後、瀕死のイライザを抱いて海に潜った。

半魚人が瀕死のイライザに生気を吹き込むと、イライザは息を吹き返したうえに、エラができて水中で呼吸できるようになった。
その後、イライザと半魚人は末永く暮らしたらしい。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ