2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ゲットアウト あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ゲットアウト あらすじ ネタバレ





ゲットアウトのあらすじ(ネタバレ)です。

黒人写真家のクリス・ワシントン (ダニエル・カルーヤ) は、白人の綺麗な恋人・ローズ・アーミテージ (アリソン・ウィリアムズ) のご両親に挨拶しに、ローズの家に行くことになった。
ローズの家族が、黒人である自分をどう見るのか懸念していたクリスだったが、ローズの父で外科医のディーン・アーミテージ (ブラッドリー・ウィットフォード)、母で精神科医のミッシー・アーミテージ (キャサリン・キーナー)、弟で医学生のジェレミー・アーミテージ (ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ) とも、クリスのことを好意的に受け入れた。
ローズの両親から、翌日はローズの祖父の何回忌かで親戚が集まるので、一緒に参加してほしいと勧められ、露骨に嫌な顔をするローズだったが、クリスは気にも留めずに受け入れた。

その夜、クリスがたばこを吸うために家の外に出ると、黒人庭師のウォルター (マーカス・ヘンダーソン) が庭を全力疾走していたり、黒人家政婦のジョージナ (ベティ・ガブリエル) が自分の顔を見て異様にうっとりしている姿をみて、気味悪がるクリス。
たばこの帰りにローズの母のミッシーに呼び止められ、気付いたら強制的に催眠術を掛けられていた。
気が付くとベッドの上に横たわっていて、催眠術のおかげでたばこを吸うと吐き気がするようになっていた。

翌日のパーティでは、ローズの父のディーンは異様に来場者にクリスを紹介していて、来場者はクリスのことを細かく聞きたがり、なぜか全員がクリスに注目しているような嫌な雰囲気を感じ取った。
さらに、白人来場者の中に数人紛れている黒人は、様子のおかしい黒人ばかりで、普通の一般会話すらできず、クリスは気味が悪くなってきた。
来場者の中に見たことがある黒人がいたので、写真に撮ったところ、フラッシュの光で逆上し、鼻から血を流しながら別人のような形相でクリスにつかみかかってきて「出ていけ!今すぐここから出ていけ!」と大声でどなった。

クリスは、ローズを二人気に利なれる湖畔に呼び出し、素直に気味が悪いのでもう帰ろうと思っていることを伝えた。
そのころ、自宅ではビンゴ大会と称したオークションが行われており、景品があるべきところにクリスの写真が置いてあった。

その夜、クリスが友人のロッド・ウィリアムス (リル・レル・ハウリー) に黒人来場者の写真を送ったところ、行方不明の黒人だったことがわかり、いよいよ気味が悪くなるクリス。
さらに、ローズの秘密の写真をこっそり見てみると、ローズの過去の恋人が黒人ばかりで、しかも家の庭師や家政婦、来場者など、見たことのある黒人達ばかりとの写真がそこには収まっていた。
クリスが急いでローズの家から出ようとすると、ローズの家族に呼び止められ、家から出すことを阻止された。
力づくで出ようとしたクリスだったが、ミッシーの催眠術にかけられ、体が動かなくなってしまった。

気が付くとクリスはローズの家の地かに監禁され、何度も催眠術と洗脳を繰り返された。
そこで、アーミテージ家が凝固法という催眠術と医術を組み合わせた方法を使って、優れた肉体を持つ黒人に組まれ変わりたいと願う白人の金持ちに対し、誘拐して洗脳した黒人の体を提供していることが分かった。
ローズが有能な黒人を見つけ、家に連れてきてミッシーが催眠術をかけ、ディーンが外科手術で脳の一部を挿げ替えて金持ちの人格をすぐれた黒人の体に移すという仕組みだった。

クリスは体の自由を封じる催眠術には音が必要だと気づき、耳栓をして催眠術にかかったふりをした。
クリスは、手術の準備ができて迎えに来たジェレミーを殺し、手術の準備をしていたディーンとクリスの逃亡を阻止しようとしたミッシーも殺し、車のキーを盗んでアーミテージ家から逃亡した。

ローズの祖父の人格を持つ巨体の黒人ウォルターに追い詰められたクリスは、ウォルターに携帯電話のフラッシュの光を当てた。
ウォルターはフラッシュの光で正気に戻り、ローズから奪った猟銃でローズを撃ち、自分の頭も撃ち抜いて自殺した。
大けがを負いながらもクリスに銃口を向けようとするローズに、クリスが襲い掛かってとどめを刺そうとしたとき、パトカーが駆けつけてきた。
絶対絶命と思いきや、パトカーから出てきたのはクリスの親友のロッドだった。

クリスはロッドの車に乗り、アーミテージ家から逃げ出すことができた。

この後、本当はクリスはアーミテージ家惨殺の容疑で逮捕されるという筋書きだったようですが、制作が本格的に始まるまでに、警察が負乙な理由で黒人を射殺する事件がアメリカ国内で複数件発生したため、あえてエンディングを変えたとのことです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ