2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

マイティ・ソー バトルロイヤル 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

マイティ・ソー バトルロイヤル 映画





(70%)

邦題 マイティ・ソー バトルロイヤル
原題 Thor: Ragnarok
監督 タイカ・ワイティティ
脚本 エリック・ピアソン
原案 クレイグ・カイル, クリストファー・ヨスト, エリック・ピアソン
原作 スタン・リー, ラリー・リーバー, ジャック・カービー
製作 ケヴィン・ファイギ
製作総指揮 ルイス・デスポジート, ヴィクトリア・アロンソ, ブラッド・ヴィンダーバウム, トーマス・M・ハメル, スタン・リー
出演者 クリス・ヘムズワース, トム・ヒドルストン, ケイト・ブランシェット, イドリス・エルバ, ジェフ・ゴールドブラム, テッサ・トンプソン, カール・アーバン, マーク・ラファロ, アンソニー・ホプキンス, 浅野忠信
音楽 マーク・マザーズボー
主題歌 レッド・ツェッペリン「移民の歌」
撮影 ハビエル・アギーレサロベ
編集 ジョエル・ネグロン, ゼン・ベイカー
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 2017年11月3日(アメリカ)(日本)
上映時間 130分

マイティ・ソー バトルロイヤル 感想 レビュー


マイティ・ソー バトルロイヤルの感想です。
マーベルコミックは、安定して 70 点の面白い映画を狙ってくるな~という感じます。
ジャスティスリーグ系の DC コミックは、しっかりストーリーと脚本を書き込んで、大人向けのダークなヒーロー映画として、ただのドンパチじゃない名作っぽい映画を目指そうとして失敗している感じ。
一方でマーベルコミックは、奇をてらった名作は出さずに、迫力ある映像とかわかりやすい展開で、毎回安定の 70 点を作ってる感じ。
個人的には DC コミックの姿勢の方が好きだけど、今のところ失敗しているから、アベンジャーズ系のマーベルコミックの方に軍配が上がっている。
ドビー・マグワイア氏の頃のスパイダーマン旧三部作は非常によくできた面白い映画だったのに、マーベルはいつからひねらない、分かりやすい展開狙いになったんだろう?
でも、安定して興行収入は入っているから、金の生る気として映画会社としてはうまいやり方なのかもしれない。

今回は、特にシリアス少な目ギャグ多めのノリだったと思います。
なんとくなく、マイティソー シリーズはギャグ多めの方が向いている気がしますね。
ロキは敵の時はなんだかんだ言って強いのに、味方になるとてんで弱すぎて笑えます。

冒頭で少しだけ出てきたドクター・ストレンジは強すぎですね。
アベンジャーズの本編で登場するのが楽しみなキャラクターの一人です。

本作も、ドンパチ多め、ギャグ多め、ストーリーあっさりめの頭空っぽにして楽しめる映画でした。
一応前作とかアベンジャーズ作品の流れも引き継いでいるので、知っているに越したことはないですが、知らなくても本作だけでも全然楽しめると思います。
最後はアベンジャーズにバトンが引き継がれたので、続編のアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーも楽しみです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ