2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 無料 動画 評価


Sponsored Link

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 無料





映画ラストレシピ 麒麟の舌の記憶の動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。



ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 動画



予告動画


一度食べた料理の味は絶対に忘れない料理人・佐々木充が、大日本帝国陸軍が満州時代に作った究極の料理・「大日本帝国食菜全席」のレシピを探すことで、隠された真相を暴くという映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」の予告動画です。
主演は嵐の二宮和也さん。アイドルだからと侮るなかれ、二宮和也は実はかなり雰囲気のある演技をします。


ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 評価


ラストレシピ 麒麟の舌の記憶の評価は、賛否両論あるようです。

好意的なコメントとしては、
・「おくりびと」滝田洋二郎監督作品。そのせいか、画面ににじみ出る“詩情”が「おくりびと」と似ていると、観始めてすぐ思いました。異なる時代を生きた、日本人の天才料理人ふたりを軸に、ひと、を暖かくみつめたような優れた人間ドラマであって、日本映画の秀作といってよい、とおもいます。
・これまでも良い映画を見てラストで涙が溢れることはとまらなかった。しかし、ラストレシピでは途中から目から顎までの二筋の川ができ渇くことがなかった・・・。また、見終わった後の余韻がとても長く、切なさや嬉しさ、甘く暖かい気持ちが胸にずっと残ります。
・「料理映画」でもあることに、作品中の料理の“美”と、そして巧みに組み込まれた調理やたべるときの“音”の効果で、はっと気づかされます。ふたりの天才料理人を演じた西島秀俊さんと二宮和也さん、好演です。

批判的なコメントとしては、
・話のそこかしこに日本を貶めるようなネタが仕込んであるので胸くそ悪くなる。そういうことを知らずに鑑賞してしまったので未だにダメージが残っており後悔している。二宮君に罪はありませんが、かなりイメージダウンした。
・原作は未読。メインの役者たちは頑張っているとは思うが、「時を隔てた人間の連なり」が大事な作品として考えると、とにかく歴史の処理が薄っぺらく、考証も軽すぎる。
・『シェイプオブウォーター』などに比べてしまうと軍人や中国人・ロシア人の描き方が画一的で、血の通った人間というより書割にすら見えてしまう。料理に焦点を当てるなら、そこだけを徹頭徹尾強調すればよかったのではないだろうか?

参考:アマゾンのレビューページ
ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 評価

あんまり話題性が無かった (?) からか、今のところそんなに感想が無いようです。。。
意外と (?) と面白かったので、もっと感想多くても良かったかなと思いますが。

満州国時代の大日本帝国陸軍が背景にある映画なので、戦争映画がダメな人には合わない部分あるかもしれませんね。
でも、戦争はそんなに関係しないから、そこは目をつむって純粋に映画の面白さに目を向けてほしい。

西島秀俊さんは相当料理の練習をしたらしく、非常にきれいに料理を作っていました。
プロの料理人の目から見てどうかはわかりませんが、素人の目からするとよかったと思います。
出来上がった料理も斬新で、かつおいしそうなものが多く、カメラワークや音、食べ終わった後の人の笑顔にもこだわっていたのが良かったです。

少し謎解き系のストーリーの中に、美味しそうな料理がアクセントとして加わった映画という感じ。
ストーリーに一本筋が通っているので、安心して見られました。
期待を裏切る衝撃作、非情によくできた秀作、とまでは言いませんが、安心して見られて、鑑賞後に素直に面白かったと思える良い映画だったと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ