2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

オリエント急行の殺人 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

オリエント急行の殺人 あらすじ ネタバレ





オリエント急行の殺人のあらすじ(ネタバレ)です。

世界最高の探偵とも称される私立探偵のエルキュール・ポワロ (ケネス・ブラナー) は、乗り合わせたオリエント急行の中で殺人事件に遭遇した。
殺されたのは、古物商の詐欺で大金持ちになったチンピラのエドワード・ラチェット (ジョニー・デップ) だった。
ポワロは探偵としては休暇中だったが、雪崩で一時停止しているオリエント急行が駅に着けば、人種差別によって罪のない人が殺人容疑で死刑になってしまうかもしれない。
気乗りしないポワロだったが、正義のために犯人を特定することを決意した。

しかし、乗客全員の意見を聞いても、全員が何かを隠しているような一癖も二癖もある人物ばかりで、一行に犯人に近づく糸口が見つからなかった。
苦しむポワロだったが、死んだラチェットが、実は数年前の悲劇的な誘拐殺人事件の逃亡犯だと判明したことから、一気に複雑に絡まりあったひもが解けていった。
実は、オリエント急行の搭乗客の全員 (ポワロを除く) が数年前の悲劇の関係者で、ラチェットに恨みを持つ者たちだったのだ。
そして、彼ら全員が共謀し、ラチェットを刺殺した犯人だったのだ。
悪意を持ってラチェットを殺した者など一人もいないことが、ポワロには痛いほどわかった。
ポワロは、結局犯人は逃げたと警察に告げ、真相を明かさずに電車を降りた。

だいぶがっつりと間を飛ばして概要だけ書きました。
あまりにも有名な小説なので、結末知っている方は多いかもしれませんね。たぶん。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ