2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

オリエント急行の殺人 感想 レビュー 75点


Sponsored Link

オリエント急行の殺人 映画





(75%)

邦題 オリエント急行殺人事件
原題 Murder on the Orient Express
監督 ケネス・ブラナー
脚本 マイケル・グリーン
原作 アガサ・クリスティ, 『オリエント急行の殺人』
製作 リドリー・スコット, マーク・ゴードン, サイモン・キンバーグ, ケネス・ブラナー, ジュディ・ホフランド, マイケル・シェイファー
出演者 ケネス・ブラナー, ペネロペ・クルス, ウィレム・デフォー, ジュディ・デンチ, ジョニー・デップ, ジョシュ・ギャッド, デレク・ジャコビ, レスリー・オドム・Jr, ミシェル・ファイファー, デイジー・リドリー
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 ミック・オーズリー
製作会社 キングバーグ・ジャンル, ザ・マーク・ゴードン・カンパニー, スコット・フリー・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス(アメリカ)(日本)
公開 2017年11月10日(アメリカ), 2017年12月8日(日本)
上映時間 114分

オリエント急行の殺人 感想 レビュー


オリエント急行の殺人の感想です。
アガサ・クリスティ氏の原作が発表されたのは 1934 年とのことなので、80 年以上も前のミステリー小説。
にも拘わらず、今見ても斬新な手口というのが素晴らしいです。
さすがミステリー界の女王アガサクリスティの作品。

最後ちゃんと収まって良い雰囲気で終わったので感触としても良かったですが、個人的にはもうちょいミステリー感を出してほしかったかなと思います。
もうちょい真相に対する布石が無いと、さすがに予測できないですよ。
たぶん、原作だともっと布石があったんじゃないですかね?
オチが珍しいというだけでしっかりとした布石が無ければ、ミステリー小説としては三流だと思いますし、面白くもなんともない。
でも、オリエント急行の殺人は、しっかりと布石がちりばめられていて、推測しようと思えば推測できるような原作だったんじゃないですかね。
層じゃなければこんなに長い間名作として残りはしないと思います。
映画は、2 時間に収める必要があったからか、ちょっと推理要素が少なかったと思います。
でも、しっかりと雰囲気のある面白い映画になっていたのは、俳優さん・女優さん方の力のたまものですかね。
鑑賞し終わった後に少し余韻に浸れる、楽しめる映画でした。

結末予測が好きな方におすすめか?と言われるとやや微妙ですが、探偵映画好きな方は楽しめると思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ