2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

スター・ウォーズ最後のジェダイ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

スター・ウォーズ最後のジェダイ あらすじ ネタバレ





スター・ウォーズ最後のジェダイのあらすじ(ネタバレ)です。

水の惑星オク=トー”の孤島に隠居していた伝説のジェダイ・マスターであるルーク・スカイウォーカー (マーク・ハミル) と出会ったレイ (デイジー・リドリー) は、ルークにフォースについての教えを請うたが、ルークは毅然として拒否していた。
こうしている間にもレジスタンスの仲間が危険にさらされていると焦るレイ。ルークはかたくなにレイを拒否していたが、ルークの長年の相棒 R2-D2 (ジミー・ヴィー) の説得により、ルークはレイにフォースについて教えることを決意した。
すぐにレイの中に眠るフォースの潜在能力に気付いたルークは、かつての弟子だったカイロ・レン (アダム・ドライバー) 並みの才能を見出した。

レイは、遠く離れたカイロ・レンと不思議なつながりを感じることがあり、カイロ・レンから、闇に落ちる要因として、カイロ・レンの才能に嫉妬したルークに殺されかけたことを語った。
レイに問い詰められたルークは、カイロ・レンの中に強いダークサイドの力を感じ、カイロ・レンに刃を向けようとしたことを告白した。
レイは、カイロ・レンの中に葛藤があること、将来はレイの仲間になってファースト・オーダーを葬り去ることをフォースで感じとり、カイロ・レンを説得するためにメガ・スター・デストロイヤーに向かった。

メガ・スター・デストロイヤーに着くと、レイの到着を予知していたカイロ・レンによってすぐに拘束され、ファースト・オーダーの最高指導者であるスノーク (アンディ・サーキス) の前に連行された。
レイは、レイとカイロ・レンのつながりはスノークが意図的に生み出していたことを伝えられ、スノークからスカイウォーカーの情報を引き出され、殺されそうになった。
しかし、スノークからレイを殺すように命令されたカイロ・レンは、命令を無視して逆にスノークをライトセーバーで真っ二つに切断した。
改心したかと思えたカイロ・レンだったが、カイロ・レンはファースト・オーダーの新たな最高指導者としてレジスタンスを葬り、宇宙に新たな秩序を生み出すと意気込んだ。

一方、レジスタンスを逃がすために一人で母船ラダスに残っていたホルド中将 (ローラ・ダーン) は、レジスタンスを逃がすために戦艦ごとメガ・スター・デストロイヤーに特攻した。
混乱に乗じてレイはメガ・スター・デストロイヤーから抜け出し、同じくメガ・スター・デストロイヤー内でつかまっていたフィン (ジョン・ボイエガ) とポー・ダメロン (オスカー・アイザック) も抜け出した。

旧反乱軍の放棄された基地がある“石の惑星クレイト”にたどり着いたレジスタンスは、追ってきたファースト・オーダー達に取り囲まれ、袋のネズミとなった。
小型のデススターのようなキャノンに狙われたレジスタンス、誰もが絶対絶命の危機と悟ったが、伝説のジェダイ・マスターのルークが現れ、一人でファースト・オーダーの大群の前に進んでいった。
ファースト・オーダーの集中砲火を一身に受けたルークだったが、ルークは無傷でやり過ごした。
殺したはずの元師匠を目の前にして激高したカイロ・レンは、ルークに一騎打ちを挑んだが、手ごたえがなく、ルークが遠い惑星から投影していた幻だったことに気付いたときには、レジスタンス達はミレニアム・ファルコンに乗って逃げ出していた。

ルークは力尽きて消滅したが、レジスタンスは少数ながらも生き延びることができた。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ