2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

スター・ウォーズ最後のジェダイ 感想 レビュー 65点


Sponsored Link

スター・ウォーズ最後のジェダイ 映画





(65%)

邦題 スター・ウォーズ 最後のジェダイ
原題 Star Wars: The Last Jedi
監督 ライアン・ジョンソン
脚本 ライアン・ジョンソン
原作 ジョージ・ルーカス 『スター・ウォーズ』
製作 キャスリーン・ケネディ, ラム・バーグマン
製作総指揮 J・J・エイブラムス, ジェイソン・マクガトリン, トム・カルノースキー
出演者 マーク・ハミル, キャリー・フィッシャー, アダム・ドライバー, デイジー・リドリー, ジョン・ボイエガ, オスカー・アイザック, ドーナル・グリーソン, ケリー・マリー・トラン, ローラ・ダーン, ベニチオ・デル・トロ, フランク・オズ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 スティーヴ・イェドリン
編集 ボブ・ダクセイ
製作会社 ルーカスフィルム
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 2017年12月15日(アメリカ)(日本)
上映時間 152分

スター・ウォーズ最後のジェダイ 感想 レビュー


スターウォーズ エピソード 8 にあたるスター・ウォーズ最後のジェダイの感想です。
この映画は、どんな観点で見るかによって評価が大きく変わりますね。
普通の映画として見どころが無かったわけではないので点数は 65 点にしておきましたが、スターウォーズファンの方々からするともう批判を浴びている理由はよくわかります。

「ルーク (の性格) が別人になっている」とか、意味のない無駄なシーンが多すぎるとか、いまいち盛り上がりに欠けるとか、いろいろ言いたいことはありますが、一番の問題はスターウォーズ シリーズに対するリスペクトが感じられない点ですかね。
エピソード 7 のフォースの覚醒は、従来作品に対するリスペクトに満ちていて素晴らしい映画だったので、続編である本作が何故こんなにリスペクトの感じられない駄作になってしまったのか、残念でなりませんね。
多くのファンが語るように、ディズニーに買い取られて、コアな SF の名作ではなく、お金を生み出すビジネスツールになってしまったんですかね。
私はスターウォーズの大ファンではありませんが、その私から見ても、本作は「スターウォーズではないな」と感じました。

しかし、がっつりスターウォーズの話が組み込まれているコアな SF 映画なのでスターウォーズ知らない人が見てもいまいち入り込めないと思うのですが、そのうえでコアなスターウォーズファンまで無視してしまうと、誰向けの映画なのかがわからなくなってしまいますね。
ん~、制作の方々が情熱を注いで作成した大作映画だと思うので、このような内容になってしまって残念です。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ