2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

三度目の殺人 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

三度目の殺人 あらすじ ネタバレ





三度目の殺人のあらすじ(ネタバレ)です。

なんか、個人的に「三度目の殺人」はあんまりおもしろくなくて、気持ちが乗らなかったので、あらすじはさらっとまとめたいと思います。


敏腕弁護士の重盛朋章 (福山雅治) は、同僚の摂津大輔 (吉田鋼太郎)から協力を求められ、殺人犯として拘束されている三隅高司 (役所広司) の弁護をすることになった。
三隅は、30 年前にも殺人の罪で逮捕され、30 年間刑務所で過ごしていたが、今回出所後にお世話になっていた工場の工場長の頭部をスパナで殴打し、ガソリンをまいて火をつけたらしく、殺したことを認めていた。
しかし、摂津が手を焼いたのは、三隅の供述が毎回バラバラだということだった。

重盛は、もともと「真実なんてどうせわからないんだからどうでもいい。俺たちはできるだけ裁判で有利になる方向に導くだけだ」という信念の持ち主だったが、重盛の気持ちがわからず、真実が気になりだしていった。
重盛の殺人目的は、もともとお金目的の強盗と話していたが、週刊誌にスクープされた記事では、「工場長の妻山中美津江 (斉藤由貴) に保険金目的の殺人の片棒を担がされていた」と言い出した。
自分達にも全く話さなかった驚愕の事実を突然週刊誌の記者に話してしまったにもかかわらず、ヘラヘラと謝る三隅。頭を抱える重盛と摂津達。

さらに、工場長の娘の山中咲江 (広瀬すず) が、重盛達に、「自分が幼い頃から性的虐待を受けたいた事を知った三隅は、自分を助けるために父親 (工場長) を殺してくれた」と語った。
そのことを三隅に聞くと、今度は咲江は嘘ばかりつく娘だと語り、さらに本当は自分は殺人などしていないんだと言い出した。

すでに「殺人は認めた上で、窃盗目的かどうか」を争点にして裁判が進んでいたため、そもそも人を殺していないとなると裁判はやり直しとなってしまい、裁判長の心象も悪くなる。
しかし、重盛は三隅の主張を優先し、法定で三隅の発言 (自分は本当は工場長を殺していない) を許した。
結局、裁判は負けてしまい、三隅は死刑となった。

最後に三隅に面会した重盛に対し、三隅は満足気な表情を浮かべた。


推測ベースですが、三隅はやはり咲江のために工場長を殺したと考えるのが妥当でしょう。
咲江も手を下したかどうかはわかりませんが。
当初は咲江が疑われることを避けるために、強盗目的で殺したことを装いましたが、週刊誌の記者から工場長の奥さんとの不倫を疑われたときに、工場長の性的虐待を知っていて眼を瞑っていた奥さんも困らせてやろうと、発言を変えたものと思います。
しかし、咲江が自分のために真実を話そうとしていることを知った三隅は、「実は人を殺していないんだ」と発言することで裁判長の心象を悪くし、咲江に被害が及ぶ前に死刑になることを確定したんだと思います。
こんだけ引っ張ったなら、もっと意外性のあるネタを持ってきた欲しかったなと思います。
ネタの出し方も、そんなにうまくは無かったです。
面白そうな映画だっただけに、(もし真相が上記で正しいなら) 単純過ぎてちょっと微妙だと思います。
「真相は誰にもわからない」的なことを是枝監督が主張するのは構いませんが、だとしても映画のテーマや主張までぼやけてしまっているので、映画としてはいまいちかなと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ