2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ジャスティス・リーグ 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

ジャスティス・リーグ 映画





(70%)

邦題 ジャスティス・リーグ
原題 Justice League
監督 ザック・スナイダー
脚本 クリス・テリオ, ジョス・ウェドン
原案 クリス・テリオ, ザック・スナイダー
原作 DCコミックス
製作 チャールズ・ローヴェン, デボラ・スナイダー, ジョン・バーグ, ジェフ・ジョンズ
製作総指揮 クリストファー・ノーラン, エマ・トーマス, ジム・ロウ, ベン・アフレック, ウェスリー・カラー, カーティス・カネモト, ダニエル・S・カミンスキー, クリス・テリオ, ベンジャミン・メルニカー, マイケル・E・ウスラン
出演者 ベン・アフレック, ヘンリー・カヴィル, エイミー・アダムス, ガル・ガドット, エズラ・ミラー, ジェイソン・モモア, レイ・フィッシャー, ジェレミー・アイアンズ, ダイアン・レイン, コニー・ニールセン, J・K・シモンズ
音楽 ダニー・エルフマン, 主題歌 シグリッド, 『Everybody Knows』, ゲイリー・クラーク・ジュニア『カム・トゥゲザー』
撮影 ファビアン・ワグナー
編集 デヴィッド・ブレナー, リチャード・ピアソン, マーティン・ウォルシュ
製作会社 ラットパック=デューン・エンターテインメント, アトラス・エンターテインメント, クルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズ, DCエンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2017年11月17日(アメリカ), 2017年11月23日(日本)
上映時間 120分

ジャスティス・リーグ 感想 レビュー


ジャスティス・リーグの感想です。
いや~、やっと映画化しましたね、ジャスティスリーグ。
アベンジャーズに対抗して本命のジャスティスリーグが実写映画化されるという噂は前から出ていましたし、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」や「ワンダーウーマン」でもなんども意味ありげなシーンが流れましたが、やっと本編か~という感じでした。
実はジャスティスリーグの構想は 2007 年 2 月の頃には映画化が発表されていたとのことですので、10 年以上もかけてやっと映画化されたことになりますね。

本作はスーパーヒーローが集結するというのが話題の種だと思います。
アメリカでは超有名なヒーローばかりなのかもしれませんが、日本人にはあんまりなじみがないヒーロー多いかもしれませんね。
スーパーマン、バットマン以外は知らないって人も多いのではないでしょうか?
しかし、いろんな超人的ヒーローが出てくるのは良いけど、スーパーマン強すぎでしょ。
正直、スーパーマン一人がいれば、後の超人いらなかったのでは?とすら思えてしまいます。
超人たちが束になっても苦戦した敵を、全く寄せ付けずに圧倒してましたからね。
アメリカでスーパーマンがどれだけ別格のヒーローなのかを裏付けているのかもしれませんね。

さて、本作は、興行収入としては DC コミックス映画の中では評価が低いようですね。
確かにヒーローの勧誘に時間を割いているため、メインのストーリーはえらい単純。
アクションシーンは迫力あって面白かったと思いますけどね。超人的なスピードを持つフラッシュの活躍シーンなんて特に面白かったです。
ただ、メインのストーリーは単純だし、焦点を当てたヒーローの勧誘シーンも、なんかありきたりでいまいち盛り上がらず。
そこが評価低めに終わってしまった理由かもしれませんね。

ただ、いろんなヒーローが集結して面白かったですし、アクションシーンは良かったと思います。
DC コミックスシリーズは、アベンジャーズ作品に比べて面白さが今一つという感じもするので、定着してきたヒーロー映画がよりファンを増やすためにも頑張ってほしいですね。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ