2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女 映画





(70%)

邦題 劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
原作 佐島勤
監督 吉田りさこ
脚本 佐島勤, 中本宗応
音楽 岩崎琢
原作イラスト・キャラクターデザイン・総作画監督 石田可奈
美術 小倉宏昌
美術デザイン 谷内優穂, 藤井一志
メカニックデザイン 出雲重機
CAD・サブキャラクターデザイン ジミー・ストーン
3D監督 田中康隆
撮影監督 川下裕樹
編集 木村佳史子
色彩設計 野口幸恵
音響監督 本山哲
音響制作 STUDIO MAUSU
配給 アニプレックス
アニメーション制作 エイトビット
製作 劇場版魔法科高校製作委員会
公開日 2017年6月17 (日本)
上映時間 90 分

魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女 感想 レビュー


2016 年の劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女の感想です。
待ちに待った魔法科高校の劣等生の続編!劇場版も、やっぱり安定の面白さでした。
約 60 の映画館での公開と、小規模ながらも興行収入はなかなか良かったようです。さすが、さすおに。
でも、早く二期始まってほしいですね。待ってる人多いので、制作陣の皆様、なるべく早め二期制作をお願いします。

本作は、司波達也達が 2 年生に上がる直前の、春休みのお話でした。
相変わらず司波達也は無敵のチートっぷりで、地球に落ちる巨大な衛星をたった一人で処理するという、映画アルマゲドンのブルースウィルスも真っ青 (ネタが古いw) の活躍っぷりでした。
やっぱり本作のうりは、司波達也の無敵のチートっぷりと、女の子の可愛さですね。
どちらも十分に堪能できたので満足でした。
ただ、主要メンバーは一通り映画に出演していたものの、本作はスケールが大きすぎて一部の人しか活躍してなかったのだけ残念。
US のエージェントとかべつに良いから、もっと主要メンバーに活躍してほしかったな~というのが正直なところでした。

とはいえ、映像も綺麗で、音楽も良く、話もテンポよく進んでチートっぷりも見れたので十分満足のいく作品でした。
劇場版第二弾も楽しみなところではありますが、それよりもテレビシリーズの第二期を見たいです。
アニメ制作のマッドハウスの皆様、魔法科高校製作委員会の皆様、首を長くして待っていますので、本当お願いします。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ