2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

猿の惑星 聖戦記 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

猿の惑星 聖戦記 あらすじ ネタバレ





猿の惑星 聖戦記のあらすじ(ネタバレ)です。

シーザー (アンディ・サーキス) とコバ (トビー・ケベル) の戦いから 2 年後、シーザー率いる猿達は山の中の潜み、人間と関わることなる暮らそうとしていた。
しかし、猿達が人間を亡ぼすことを恐れた人間たちはシーザー達に戦闘部隊を送り込み、襲撃を繰り返していた。

人間からの攻撃から逃れるために安息の地を探しに行っていた、シーザーの息子のブルーアイズ (マックス・ロイド=ジョーンズ) とシーザーの昔からの仲間のコーネリア (ジュディ・グリア) が旅から帰ってきた。
猿達は安息の地を求めて大移動しようとしたが、その日の夜、寝静まっている頃に大佐 (ウディ・ハレルソン) 率いる人間の軍隊が猿の住処を襲ってきて、殺戮を繰り広げた。
シーザーは、自分の妻と息子を含む多数の死者を出した大佐に対して強い恨みを持ち、生き残った猿達には安息の地に向かわせながら、自分は一人で大佐への復讐のために人間達の住処に向かった。
シーザーが死を覚悟していることを悟ったコーネリア、モーリス (カリン・コノヴァル)、ルカ (マイケル・アダムスウェイト) はシーザーを死なせないために、シーザーに付いて行った。

人間の軍隊の場所を探している際に、たまたま声の出せない人間の少女・ノヴァ (アミア・ミラー) と動物園から逃げ出した、話すことのできる猿・バッド・エイプ (スティーヴ・ザーン) と出会った。
バッドエイプから、人間の軍隊は援軍を受け入れるために、人間収容所に向かったことを聞き出したシーザー達は、嫌がるバッドエイプを説得して収容所まで道案内させた。

収容所では、安息の地に向かったはずの猿達が捕まって檻に入れられ、強制労働を強いられていた。
シーザーは貼り付けになっている猿に気を取られているすきに、猿を見限って人間側についたゴリラのレッド・ドンキー (タイ・オルソン) の不意打ちを受けて気を失った。
シーザーは大佐によって見せしめのごとく暴力を振るわれ、吹雪の中で磔のまま放置された。

シーザーは、大佐達は実は人間の軍隊と合流するためではなく、人間の軍隊と戦うためにここに来て、戦闘のための巨大な壁を作るために猿達を生かしたまま強制労働させていることを知った。
また、人間はすでに新種のウィルスに感染していて、症状が発症すると言葉を話せなくなって思考が野生化するということを知った。

一方、シーザーと猿の仲間達を救いだそうとするモーリス達は偶然地下通路からの脱獄を計画していた。
コーネリアがわざと人間に捕まって脱獄計画を猿の仲間達に伝え、ある夜に一斉脱獄を決行した。
なんとか脱獄が成功しかけたころ、大佐の反対勢力である人間の軍隊が攻めてきた。
自分の妻と子供を殺した大佐に対する強い恨みを持っていたシーザーは大佐の部屋に行き、大佐を殺そうとしたが、大佐は病気が発症して人間としての意識が消えようとしていた。
シーザーは大佐を哀れに思い命を取るのをやめたが、大佐は自ら銃を持ち自殺した。

シーザーは、脱走する猿の群れに機関銃を打ち込む人間達の攻撃を阻止するために燃料タンクに爆弾を投げ込んで大爆発を起こしたが、途中で人間の兵士の矢に腹を撃たれてしまった。
大佐達の軍隊を倒して雄たけびを上げる人間の軍隊。
雄たけびに呼応して雪崩が起き、人間の軍隊たちの大半は雪崩に飲まれてしまった。

なんとか雪崩から逃げ延びた猿達は、コーネリアとブルーアイズの見つけた安息の地に向かい、たどり着いた。
猿の仲間達が新しいホームで喜ぶ姿を見て満足したシーザーは、そこで力尽き、その熾烈な生涯の最後を迎えた。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ