2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

忍びの国 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

忍びの国 あらすじ ネタバレ





忍びの国のあらすじ(ネタバレ)です。

虎狼の族 (ヤカラ) と呼ばれ、人外の集団として恐れられる忍者の国・伊賀は、四方の国を占拠した織田軍に囲まれ、織田軍の門下に下るか、織田軍と戦うかの決断を迫られていた。
伊賀の国の忍の長集団である十二家評定衆は、織田軍の門下に下ることを決断し、下山平兵衛 (鈴木亮平) を遣いとして織田信長の次男である織田信雄 (知念侑李) の元に向かわせた。
しかし、下山平兵衛は伊賀の国を裏切り、信雄率いる伊勢の国の軍勢に、伊賀の国を亡ぼすように入れ知恵した。

信雄は下山平兵衛の策を受け入れ、伊賀の国の中心に城を築き、伊賀の国を内側と外側から滅ぼそうとした。
伊賀の国の忍び達はまんまと下山平兵衛の策にはまって、日雇いの金をもらい、自分達で伊賀の国の中心に城を築いた。
しかし、城が完成して城建築の費用をちょうだいした途端、伊賀の忍びたちは完成したばかりの城に火を放って燃やしてしまい、さらに逃げ惑う伊勢の武士たちを虐殺した。
実は下山平兵衛は十二家評定衆の策にはまり、伊賀の国に信長軍のお金を流すように仕向けられたのだった。

信雄は怒り狂い、伊賀の国に正面から攻め込む決断をして号令をかけた。
絶世の美女・お国 (石原さとみ) に恋心を抱く、伊賀で最強の忍び・無門 (大野智) は、織田軍に攻め込まれては困ると、伊勢の城に侵入し、伊賀の国に攻め込まないように脅しをかけた。
しかしこの脅しがアダとなり、信雄は伊賀の国に対して、さらに激しい敵対感を抱いた。
脅しに失敗した無門は、城から抜け出す途中で、伊勢の国の前当主である北畠具教 (國村隼) の娘・北畠凛 (平祐奈) と出会い、父親の仇討ちのために信雄を殺して欲しいと頼まれた。
北畠凛姫は、依頼の対価として、伊勢国の国宝である茶入「小茄子」をその場で無門に渡し、満足して自害した。

無門は、織田軍に攻め込まれる前に京都に逃げて、「小茄子」を売った元手で商いをしようとお国に話した。
無門とお国と同様に、織田軍に攻め込まれる前に逃げようと考えた伊賀の忍者は多く、伊賀の忍者の半数が逃げ出そうとしていた。
しかし、幼い子どもの忍者たちは伊賀の国に残って無謀な戦いで命を落とそうとしていると知ったお国は、無門に伊賀の国を救って欲しいと願った。
無門は、織田軍と戦って戦果を上げた者には報酬を出すと宣言し、逃げ出そうとしていた伊賀の忍者達を戦争に駆り立てた。

信雄率いる織田軍は、伊勢の猛将・日置大膳 (伊勢谷友介) のちからで、伊賀の国に残った少数の伊賀忍者を蹂躙していたが、無門の宣言で多数の忍者が戦闘に参戦したことによって、一転窮地に落とされた。
無門は勢いに乗って攻め込み、信雄の首を取ろうとした。
大膳は信雄を守るために無門と戦ったが、伊賀の国で最強の忍者である無門には叶わず、深手を負わされた。
無門が大膳にトドメをさそうとしたとき、信雄は大膳の弓矢を引き、無門を討ち取った。

大敗して伊勢の城に戻った信雄だったが、殺したと思っていた無門と伊賀の忍者に囲まれてしまった。
下山平兵衛は無門に「川」と呼ばれる一騎打ちを挑み、自分が命を賭ける代わりに伊勢の者たちを殺さないで欲しいと無門に願った。
無門は一騎打ちで見事に下山平兵衛を打ち取り、下山平兵衛の願いどおりに信雄達を逃した。

一騎打ちの際に下山平兵衛から、自分達が十二家評定衆に踊らされていたことを知らされた無門は無性に腹が立ち、一直線に十二家評定衆の元に向かって頭領の一人を殺した。
十二家評定衆は怒り、すべての忍者に無門を殺すように命令した。
無門が殺されないように、「小茄子」を持って忍者達の前に出たお国だったが、忍者達はためらいもせずお国を殺して「小茄子」を奪おうとした。
無門は必至にお国を守ろうとしたが、お国に向けられた毒やの数が多すぎて防ぎ切ることができず、お国は毒殺された。
自分の愚かさに気づいた無門は伊賀の国から姿を消した。

2 年後、織田信長率いる織田軍は、信雄が伊賀国を攻めたときの 4 倍にも及ぶ 4 万 4 千人の軍勢を率いて伊賀に攻め込み、伊賀の国を滅ぼした。
大膳は無門を探したが、殺された伊賀忍者の中に無門の姿はなく、無門は「お国が生前心配していたネズミと呼ばれる親なしの子供」を伊賀の国から救い出し、ネズミを実の子供として育てた。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ