2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ITイット “それ”が見えたら、終わり。 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ITイット “それ”が見えたら、終わり。 あらすじ ネタバレ





ITイット “それ”が見えたら、終わり。のあらすじ(ネタバレ)です。

1989 年の雨の日、幼い少年ジョージー・デンブロウ (ジャクソン・ロバート・スコット ) は、兄のビル・デンブロウ (ジェイデン・リーバハー) に作ってもらった水に浮かぶ紙の船を道路の水流に浮かべて遊んでいた。
船は勢いよく流れ、直接下水溝の中に落ちた。
ジョージが不安げに下水溝を除いていると、中には怪しげなピエロ・ペニーワイズ (ビル・スカルスガルド) がいた。
ジョージはペニーワイズの口車に乗り、船を取ろうとして下水溝の中に手を伸ばすと、手をペニーワイズに食いちぎられてしまって、下水溝に引きずり込まれてしまった。

ジョージが行方不明になってから、1 年後、街ではジョージ以外にも多数の子が行方不明になっていた。
ビルは友人のリッチー・トージア (フィン・ウルフハード)、スタンリー・ユリス (ワイアット・オレフ)、エディ・カスプブラク (ジャック・ディラン・グレイザー) らと一緒にルーザーズ (負け犬達) と呼ばれ、ヘンリー・バウワーズ (ニコラス・ハミルトン) 率いる不良集団にいびられていた。
転校生で友達のいないベン・ハンスコム (ジェレミー・レイ・テイラー)、女子の間でビッチと呼ばれて友達のいないベバリー・マーシュ (ソフィア・リリス)、アフリカ系黒人で羊飼いのマイク・ハンロン (チョーズン・ジェイコブス) も仲間に加え、ルーザーズは少年少女が行方不明にな原因を探ろうとしていた。

ベンが図書館に通い詰めて調べた情報のおかげで、この町では 27 年周期で少年少女の大量行方不明事件が発生していることを知ったルーザーズは、子供たちにしか見えないピエロの格好をした化け物・IT (イット) の招待を自分達で突き止め、負の連鎖を終わらそうと考えた。
父親の仕事場から盗んだ地下道の地図のおかげで、子供たちの行方不明事件はどれも地下道の付近で起こっており、その地下道は古い崩れかけの家に集中していることが分かった。
ビル達は早速古い家に向かい、家の中を探索したが、ペニーワイズに見つかり、エディは 2 階から落ちて腕の骨を折ってしまい、ルーザーズ全員も殺されかけた。
勇気を振り絞ってペニーワイズの頭を鉄の棒で突き刺したベバリーのおかげでなんとかペニーワイズを退散させることができ、屋敷から逃げ延びたが、リッチーは言い出しっぺのビルを責め、子供たちは恐怖から仲たがいをした。

しかし、ベバリーがペニーワイズに連れ去られたことを知った子供たちは再度団結して古い屋敷に向かい、屋敷の古い井戸から地下道に降りた。
地下道ではペニーワイズに何度も襲われたが、なんとかベバリーや連れ去られた子供たちがいる場所にたどり着くことができた。
子供たちの恐怖を力の源としていたペニーワイズは、恐怖を克服して攻めてくる子供たちに太刀打ちできず、子供たちに攻撃されて消え去った。

地上に戻った子供たちは、もし再びペニーワイズが姿を現したときには、自分達も集合して、また戦うことを誓い合ってその場を去った。
第二章に続く。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ