2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

グレイテスト・ショーマン あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

グレイテスト・ショーマン あらすじ ネタバレ





グレイテスト・ショーマンのあらすじ(ネタバレ)です。

貧乏な革職人の息子・P・T・バーナム (ヒュー・ジャックマン) は、少年時代に名家の少女・チャリティ・バーナム (ミシェル・ウィリアムズ) と出会った。
チャリティは女学院の寄宿舎に入りバーナムと離れ離れになったが、二人は文通を絶やさなかった。
バーナムは早くに父を失い、盗みなどをして生計を立てていたが、なんとか仕事を見つけてまっとうな人間に成長していった。

成人したバーナムは親の反対を押し切って美女に育ったチャリティと結婚し、すぐに二人の可愛い娘を授かった。
幸せに暮らす日々だったが、バーナムが勤めていた会社は倒産。
バーナムは、倒産寸前に会社から盗んだ船の航海許可証を担保に銀行から多額の借金をし、博物館を買い取った。
博物館で珍しいものを客に見せ、一山当てようと乗り気だったバーナムだったが、チケットは全く売れず途方に暮れる日々。

ある日、銀行でたまたま出会った小人 (背が伸びない病気の青年) のことを思い出し、自分の博物館でショウに出ないかと勧誘した。
その後もバーナムはフリーク (変わった人達) を集めだした。
ヒゲの生えた女性、背の高い男性、全身刺青の男性、全身毛むくじゃらの人、空中ブランコの名手の兄妹など、たくさんのフリークを集め、サーカス (バカ騒ぎ) のショウを始めた。
バーナムの発想は大当たりし、連日連夜客が押し寄せる大反響となった。
しかし、新聞の劇団批評家には低俗なペテン師とののしられた。

バーナムは世間をあっと言わせて成功するために、上流貴族が好む演出家のフィリップ・カーライル (ザック・エフロン) と手を組み、ヨーロッパ最高の歌姫ジェニー・リンド (レベッカ・ファーガソン) をアメリカに呼び寄せたりと、次々とショウを成功させていった。
成りあがりのペテン師と揶揄されていたバーナムだったが、いつしかその手腕を認められ、世間でも成功者として尊敬されるようになった。

そんな折り、酔った地元住民とサーカス劇団員たちが喧嘩となり、地元住民が放火して、バーナムのサーカス館は火事で全焼してしまった。
また、バーナムに恋したリンドが、バーナムに振られた腹いせに聴衆の面前でバーナムにキスし、バーナムは世間から批判の声を浴び、さらに全財産をかけたリンドの公演は中止となって多額の借金が残った。

途方に暮れたバーナムはバーで飲んだくれる日々を送ったが、サーカスの劇団員に勇気づけられ、相棒のフィリップの支援を受けて再起。
海辺の空き地に巨大なテントをたててショウを披露するというアイデアで再び大成功を収めた。
また、実家に戻っていたチャリティにも謝罪して愛を誓い、復縁することとなった。
バーナムは、ショウマンの座をフィリップに譲り、家族思いの父として日々の幸せをかみしめた。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ