2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

君の膵臓を食べたい あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

君の膵臓を食べたい あらすじ ネタバレ





君の膵臓を食べたいのあらすじ(ネタバレ)です。

人と関わりを持つことを避けて、もくもくと図書館の本の整理をする地味な高校生・志賀春樹 (北村匠海) は、盲腸で入院している際に、病院でたまたま本を拾った。
本のタイトルは「共病文庫」
興味をもって本の冒頭を読んでみると、女子高生の可愛くきれいな字で、「私は膵臓の病気で、あと数年で死ぬ」と書いてあった。
「それ、私の」
春樹が振り向くと、そこには同じクラスで人気者の元気な美少女・山内桜良 (浜辺美波) が立っていた。

桜良は、自分は膵臓の病気で死んでしまうんだと、まるで何でもないことのように笑顔で話した。
次の日から、桜良は春樹に近づき、良く話しかけるようになった。
春樹が図書委員だとわかると、桜良も図書委員になって春樹の仕事を手伝うようになった。

「残り少ない命をこんなことに使ってていいの?」春樹が悪気もなく聞くと、
桜良は「君に、私の残り少ない人生の手助けをさせてあげます。」と笑顔で語り掛けた。

その後、桜良は死ぬまでにしたいことのリストを作り、春樹を強制的に誘った。
スイーツパラダイスでスイーツを山ほど食べたり、
九州に行っておいしいラーメンを食べたり、
高級なホテルに男の子 (春樹) と泊まって同じベッドで寝たり、
お酒を飲んだり、
彼氏でもない男の子 (春樹) といけないことをしたり (これは未遂に終わる)
最初はいやいやながらしぶしぶ桜良に付き合っていた春樹だったが、次第に楽しんでいる自分に気づき、人とのかかわりあいを避けていた春樹にとって、ずんずん距離を縮めてくる桜良は魅力的に見えた。

クラスでは、人気者の桜良と地味で人嫌いの変人・春樹が突然仲良くなったことで波紋が起き、春樹は桜良の親友の恭子 (大友花恋) に敵対心を持たれたり、学級委員長の隆弘 (桜田通) (桜良の元カレ) に陰湿ないじめを受けたりとただでさえ人嫌いの春樹には大いに迷惑だったが、桜良のことが気になる存在になっていた。

ある日、桜良は突然入院することになった。
家族以外で唯一桜良の病気のことを知る春樹は心配になって病院に見舞いに行くが、桜良はいつもと変わらず元気でよく笑っていた。
しかし、突然「病院を抜け出したい」とメールしてきたり、「実は私がめちゃくちゃ死ぬのが怖いって言ったら信じる?」と可愛い笑顔で語り掛けてきたりと、いつも元気に見える桜良も実は苦しんでいるのだと、春樹でも感じた。
桜良の「もう一度旅行に行きたい。桜が見たい。」という言葉を受け、退院したら絶対に桜を見に行こうと約束した春樹は、季節外れの時期でも桜が見える場所を探し、旅行の計画をたてて退院を待っていた。
やっと桜良は退院できることになり、待ち合わせの場所で待つ春樹。しかし、いつまで待っても桜良の姿は見えず、夜になってやっと家に帰ろうとする春樹に、桜良が通り魔に刺されて殺されたというニュースが聞こえてきた。

春樹は、葬式にも行けず、気持ちが落ち着くまで 1 カ月家に閉じこもった。
やっと気持ちが落ち着いた春樹は、勇気を振り絞って桜良の家に行き、桜良が春樹にだけ読ませてあげると言った共病文庫を桜良の母親から受け取った。
春樹は桜良の想いを読み、その場でぼろぼろに泣いた。

12 年後、桜良の勧め通り教師になった春樹 (小栗旬) は、母校で図書館の取り壊し前の整理の仕事を受けることとなった。
本を整理している中で、たまたま違和感に気付いた春樹は、桜良が図書館に隠した手紙を 12 年越しで見つけ出した。
春樹は、恭子 (北川景子) と宮田一晴 (上地雄輔) の結婚式場に駆け付け、桜良から親友の恭子にあてた手紙を渡し、桜良の願い通り、恭子と友達になった。
教師をやめようと思っていた春樹は、12 年越しの桜良の手紙を読み、教師を続ける決意をした。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ