2017年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

新感染 ファイナル・エクスプレス 感想 レビュー 85点


Sponsored Link

新感染 ファイナル・エクスプレス 映画





(85%)

新感染 ファイナル・エクスプレス
監督 ヨン・サンホ
製作 イ・ドンハ
製作総指揮 キム・ウテク
脚本 パク・ジュソク
撮影 イ・ヒョンドク
出演者 コン・ユ, チョン・ユミ, マ・ドンソク
配給 ツイン
公開 2016年7月20日(韓国), 2017年9月1日(日本)
上映時間 118分

新感染 ファイナル・エクスプレス 感想 レビュー


韓国発の話題のゾンビ映画、新感染 ファイナル・エクスプレスの感想です。
正直驚きました。そこそこ期待して見たのですが、期待を凌ぐ面白さでした。
近年見たゾンビ映画の中でもトップレベルに面白かったです。

ゾンビ映画としてもしっかり構成されていて面白い上に、親子愛や慈愛、姉妹愛、自己犠牲、逆に自己保身などのいくつかのテーマも含まれていて、それが全く違和感なくきれいに映画に溶け込んでいる点が特に素晴らしかったと思います。
キャラクター数が大いにもかかわらず、ひとりひとりのキャラクターが濃く、しかも日常生活に普通にいそうな登場人物達で、かつ愛着の湧く素晴らしいキャラクター構成でした。
やっぱりキャラクターが濃くて愛着が湧くっていうの大事ですね。ほとんどすべての面白い映画において重要な点だと思います。

上映時間の 2 時間も、スピード展開が早いので全く長く感じませんでしたし、無駄なシーンが殆ど無いので短すぎるとも感じず、まさにちょうど良い長さだったと思います。
やや人情ドラマ優先で、個人によってゾンビ化するスピードが異なる点もありますが、映画として面白かったのでそこは自分の中では全くマイナスになりませんでした。
あえて欲を言いますと、ゾンビと戦うときの武器をもうちょっと工夫してほしかったのと、もっとゾンビを分析して頭をつかうタイプも欲しかった点ですかね。
腕にテープをぐるぐる巻きにしただけで無双の強さを誇るおじさん、チートレベルの強さですが、せっかく時間があったんだからもっと防具や武器を固めて頭使わないと、無数のゾンビには太刀打ちできないんじゃないかと。

いや~、でも非情にクオリティの高いゾンビ映画が見れて大満足しました。この映画は面白かった。
ヨン・サンホ監督、まだ若いのにこれだけの映画が取れるなんて、実力あるな~。
この方の映画だったら是非もっと見てみたいです。(多分ゾンビ映画以外の映画でも面白い映画を作れる方だと思います)
ゾンビ映画に関しては日本はボロ負け、どころか新感染なら世界のゾンビ映画と比較してもトップレベルだと思いますね。

ちなみに、ヨン・サンホ監督は、もともとアニメ映画出身の監督さんのようです。
もともとは本作のスピンオフ (?) の『ソウル・ステーション/パンデミック』の方の制作に取り掛かっていたようですが、以前から実写映画も取るよう進められていて、『ソウル・ステーション/パンデミック』の別視点映画として本作を制作したようです。
なんと、本作が初の実写映画というのですから恐れ入ります。
また、個人的に「本作の編集は神がかっていて、スピード感の良さを保ちつつ展開がどんどん進んでいて映画に入り込みやすい上、散りばめられた伏線がしっかりと回収されるので満足感が高い、その上無駄なシーンもほとんどない」と、編集能力の高さに眼を見張ったのですが、ヨン・サンホ監督はたった3日で本作の編集を完了したようです。他の監督参から嫉妬されるのも納得の神業ですね。
本当に面白いホラー映画を作れる監督って、ジェームズ・ワン監督くらいしか私は知らなかったのですが、今後はヨン・サンホ監督も要チェックする必要があるようです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ