2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

エイリアン コヴェナント 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

エイリアン コヴェナント 映画





(70%)

邦題 エイリアン: コヴェナント
原題 Alien: Covenant
監督 リドリー・スコット
脚本 ジョン・ローガン, ダンテ・ハーパー
原案 ジャック・パグレン, マイケル・グリーン
原作 キャラクター創造, ダン・オバノン, ロナルド・シャセット, H・R・ギーガー(エイリアン.オリジナルデザイン)
製作 デヴィッド・ガイラー, ウォルター・ヒル, リドリー・スコット, マーク・ハッファム, マイケル・シェイファー
出演者 マイケル・ファスベンダー, キャサリン・ウォーターストン, ビリー・クラダップ, ダニー・マクブライド, デミアン・ビチル
音楽 ジェド・カーゼル, ジェリー・ゴールドスミス, マルク・ストライテンフェルト
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 ピエトロ・スカリア
製作会社 20世紀フォックス, TSGエンターテインメント, スコット・フリー・プロダクジョンズ, ブランディワイン・プロダクションズ
公開 2017年5月19日(アメリカ), 2017年9月15日(日本)
上映時間 122分


エイリアン コヴェナント 感想 レビュー


エイリアン シリーズ前日譚の第 2 作目エイリアン コヴェナントの感想です。
評価は賛否両論別れているようですが、安定して面白かったと思います。
ただ、リプリー女史の前シリーズ 4 作には全然かなわないなというのが正直な感想です。

今回はネタバレ全開で感想を書きたい気分なので、ネタバレを読みたくない方は申し訳ありませんが読まないでください。

本作は、エイリアンというよりも人間とアンドロイドが主役だったのが一番イマイチなところでした。
エイリアンの最初の登場シーンこそドキドキして面白かったですが、それ以降はエイリアンが中途半端な立ち位置になってしまい、全然怖くもなく、いまいちでした。
エイリアンシリーズなんだから、もっと強くて怖いエイリアンが見たかったですね。

エイリアンは実は人間が生み出したアンドロイドが生み出したという落ちなんて、正直最悪だと思います。
宇宙の道なる生物で、何千年も前からプレデターと狩り狩られの関係を演じてきた恐怖のモンスターだから面白いのに、手垢のついた「諸悪の根源は人間」的なオチをまさか持ってくるとは。
オリジナルシリーズを描いたリドリー・スコット監督とは思えない、ひどいオチだと思います。

アンドロイドのデヴィットが改良したにしては、エイリアンは元より強くなってるとは言え、繁殖能力は落ちてる気がしますし。
もともとは目に見えないほど小さな病原体が空中感染して人体にやどり、人体を破って飛び出してくるという脅威の繁殖能力、感染能力だったのに、いちいち卵を産んだり、フェイスハガーが卵を植え付けたり、という手間がかかっている上に、誕生した兵隊エイリアンには繁殖能力が無いのですから、むしろ改悪な気がしますね。

ただ、救いとしては、映画全体としてはよくできてましたし、二転三転するストーリーも盛り込まれていて良かったです。
各登場人物も登場シーンは少ないながらキャラが濃かったですし。
なので、映画としては及第点よりやや良いくらい、エイリアンシリーズとしては凡作という感じですね。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ