2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

オーケストラ! あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

オーケストラ! あらすじ ネタバレ





オーケストラ!のあらすじ(ネタバレ)です。

ロシアの名門・ボリショイ交響楽団の天才指揮者として世界中に名をはせていたアンドレイ・フィリポフ (アレクセイ・グシュコブ) は、30 年前の共産主義政府によるユダヤ人排斥政策に従わなかったために、清掃員として劇場で働いていた。
フィリポフは、ある日たまたま劇場に送られてきたファックスを見つけ、パリの劇場からオーケストラの依頼が来ていることを知った。
フィリポフはファックスが支配人の手に渡る前にポケットにしまい、自分が 30 年前に劇団を追放されたかつての盟友たちを集め、ボリショイ交響楽団としてパリに公演に行くことを計画した。

熱烈な共産主義者で、30 年前に自分を楽団から追放した張本人のイヴァン・ガヴリーロフ (ヴァレリー・バリノフ) にすら頭を下げて楽団の敏腕マネージャーとして働いてもらい、かつての仲間たちに声をかけつづけた。
資金難、ビザの手配、楽器の手配、衣装の手配、足りない楽団員の手配など、様々な困難があったが、なんとか形になり、楽団を連れてパリに到着することができた。
パリに着いた後も、楽団が夜の街に繰り出して帰ってこなかったり、公演のためにパリまで来たのに、楽団員達はパリでそれぞれの働き口を探して早速働き出していたり、リハーサルの時間に人が集まらずリハーサルなしで本番を迎えることになったりと、ひどい有様。

しかし、満身創痍で始まった演奏は実に素晴らしく、最後にはスタンディングオベーションでの拍手喝采で幕を閉じた。
フィリポフ率いる交響楽団の噂はたちまちに広がり、フィリポフ達は世界中で公演することになった。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ