2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

生きる 無料 動画 評価


Sponsored Link

生きる 無料





映画生きるの動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。



生きる 動画



予告編


黒澤明監督のヒューマニズムを描いた最高傑作と名高い映画・『生きる』の予告編です。
なんだかホラー映画か世にも奇妙な物語のようなプレビューですが、純度 100 % の人間ドラマです。
60 年以上も前の映画なので、文化や娯楽についてはいまいち共感ができませんが、それでも『死』とか『生きる』ってことに対して人が抱く感情は現代も変わらないんだと思います。
志村喬さんの映画は『七人の侍』くらいしか見たことがなかったので、本作の別人のような演技に驚きました。

生きる 評価


生きるの評価は、非情に高いです。今更私が言う必要なんて全くないですが。。

好意的なコメントとしては、
・人間は何のために生きるのか。生きる意味とは何か。この哲学的な主題に黒澤明は真正面から取り組み、偉大な作品を作り上げた。観る者に深い感銘を与えずにはおかない名作といっていいだろう。
・「生きる」という単純でありながら普遍的なテーマが、死を告知された一人の人間の行動を通して分かりやすく描かれている。
・個人的にですが私が黒沢監督の本当の素晴らしさを感じたのはこの映画でした。特に色んな意味で、本当の「勇気」を描き切ったところが素晴らしい。現実的な人の葛藤、本当の勇気、世界中の映画の中でも数少ない視点を描いた映画です。
・必ず見ておくべき歴史的名作です。
・たまに観たくなる黒澤明。やっぱりすごい。どれもこれもすごい。みたあとの酒がうまい。

批判的なコメントとしては、見つかりませんでした。

参考:アマゾンのレビューページ
生きる 評価

黒澤明監督の偉大さを今更私ごときが論じる必要は全くありませんが、それでもやっぱり偉大な方だったんだなと、黒澤作品を見るたびに思います。
世界中の巨匠たちが口をそろえて尊敬するというのもうなづける、映画界の神ですね。
「黒澤は、映画界のベートーベンだ」という映画監督もいましたね。

この外国の方が黒澤明をほめたたえている動画が、黒澤明がいかに凄い監督だったかを素人にもわかりやすく解説してくださっていて面白かったです。

Akira Kurosawa – Composing Movement


最近は CG や迫力のある映像ばかりに力を注いでいて、脚本や演出をおろそかにする映画が多いと感じます。(最近はというほど昔から映画を知っているわけではありませんが)
利権とかスポンサーとか絡むといろいろ難しいんだとは思いますが、現代の監督さん方にも黒澤明監督からいろいろ学んでいただき、よりよい映画を作っていってほしいです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ