2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

東京喰種 トーキョーグール あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

東京喰種 トーキョーグール あらすじ ネタバレ





東京喰種 トーキョーグールのあらすじ(ネタバレ)です。

喰種 (グール) と呼ばれる食人鬼がはびこる世界。東京は多数の人に紛れてグールが人を食する危険な街として成り立っていた。
大学生の金木研 (窪田正孝) は、喫茶店アンティークの常連の女性・神代利世 (通称リゼ) (蒼井優) にひそかに好意を抱いていた。
小さいころからの親友永近英良 (通称ヒデ) (小笠原海) の後押しもあり、勇気を出してリゼをデートに誘うと、意外にも好意的な返事が来て、リゼとデートすることに。
なれないデートながらも良い雰囲気で進み、夜の公園を歩いていると、突然良い雰囲気になり、リゼが抱き着いてきた。
動揺するカネキだったが、突如肩に激痛が走り、気が付くとリゼが自分の肩から食いちぎった肉をむさぼっていた。
リゼの正体がグールだとわかったカネキは必死に逃げようとするが、負傷しているうえにグールの身体能力は人間をはるかに凌駕しているため、絶対絶命の危機。
しかし、工事現場の鋼鉄機材が突然解き放たれ、リゼの上に落ちてきて、カネキは間一髪リゼに食べられることから逃げることができた。

目が覚めると病院のベッドの上。カネキは、リゼの内臓の一部を移植されて、なんとか九死に一生を得たということだった。
しかし、その日からカネキは人間の食べ物を食べることができなくなり、非常に強い空腹と食人衝動に苦しむこととなった。
空腹に耐えきれず街をふらふらと歩いていると、突然路地裏からおいしいにおいが漂ってきた。
ふらふらと路地裏を進むと、グールが人間を食べていた。
「お前も食うか?」人間の腕を差し出したグールをカネキは拒んだ。
すると、青年のグール西尾錦 (白石隼也) が現れ、人を食べていたグールを一瞬で殺害。
カネキも巻き添えで殺されそうになったが、女子高生のグール霧嶋董香 (トーカ) (清水富美加) が現れてカネキを助けてくれた。

後日、どうしようもない空腹に耐えられなくなったカネキは、トーカに助けを求め、喫茶店アンティークに連れていかれた。
アンティークは実は東京 20 区のグールのたまり場であり、20 区が比較的安全に過ごすことができるのも、アンティークの店長・芳村 (村井國夫) がグールを統率しているからだった。
カネキは空腹を満たすためのコーヒーと、ひとかけらの肉片をもらい、お礼を言って帰宅した。

ヒデからの呼びかけで久しぶりに大学に行ったカネキは、ヒデからサークルに入ってほしいと頼まれた。
サークルの部屋に行くと、そこにはサークルの先輩として西尾がいた。
西尾はカネキを挑発し、ヒデを食べようとしたが、カネキはヒデを守るために初めてカグネ (グールが武器として使う肉体の一部で、高速に硬化、軟化を繰り返すことで無知のような動きと刀のような切れ味を持つ) を生み出し、西尾を殺す寸前まで追い詰めた。
しかし、暴走したカネキはヒデまで食べようとしていたところを、トーカと四方蓮示 (ヨモさん) (柳俊太郎)に助けられた。

カネキは自分を制御して生きていくすべを身に着けるために、アンティークで学ぶことになった。
アンティークには、笛口リョーコ (相田翔子) と笛口雛実 (ヒナミ) (桜田ひより) の母娘がいたが、父は最近 CCG (グール対策組織) (通称ハト) の捜査官に殺されていた。
ハトから逃げるためにリューコとヒナミは 20 区から逃げ出そうとしたが、CCG 捜査官の真戸呉緒 (マド) (大泉洋) と亜門鋼太朗 (鈴木伸之) に見つかり、リョーコはヒナミの目の前で殺されてしまった。

マドと亜門は、殺したリョーコの肉体の一部を使ってヒナミを誘い出したが、ヒナミを助けるためにトーカとカネキが駆けつけた。
マドはトーカと、亜門はカネキとの闘いになった。
トーカはベテラン捜査官のマドに苦戦し、あわや殺されそうになったが、グールの天才・ヒナミが覚醒することでマドに勝つことができた。
カネキもリゼの狂気を身にまとい、亜門に打ち勝ち、殺そうとしたが、途中で冷静になって亜門を生かすことができた。

カネキはグールと人間のはざまで揺れつつ、アンティークでの生活を続ける道を選んだ。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ