2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

怪盗グルーのミニオン大脱走 感想 レビュー 65点


Sponsored Link

怪盗グルーのミニオン大脱走 映画





(65%)

邦題 怪盗グルーのミニオン大脱走
原題 Despicable Me 3
監督 カイル・バルダ, ピエール・コフィン
製作 クリス・メレダンドリ
出演者 スティーヴ・カレル
音楽 ヘイター・ペレイラ
製作会社 イルミネーション・エンターテインメント
公開 2017年6月30日(アメリカ), 2017年7月21日(日本)
上映時間 90分

怪盗グルーのミニオン大脱走 感想 レビュー


怪盗グルーのミニオン大脱走の感想です。
ミニオンズの映画としては三作目のようですが、私は本作で初めてミニオンズの映画をまともに見ました。
世間でやたらと評判が良いのでどんな映画なのかと楽しみにしていたのですが、私にはなんかちょっと良くわからないアニメでした。

ぶっとんだ発想がすごいですね。よくこんなこと思いつくなという発想の連続で、思わず吹き出してしまうシーンも多かったです。
ウェストサイドストーリーのパロディなんて、1980年代生まれの人ですがギリわからないギャグなのに、最近の子供が見て笑えるんですかね?
ただ、ミニオンズを見ているうちに、どんどんキャラクターに愛着が出てきて、好きになる気持ちもわかりました。

本作はグルーに実は双子がいたということで、グルーにスポットライトが当たっていました。
その反面、ミニオンズの出番がやたら少なかったように思いますが、前 2 作もミニオンズの出番ってこんなに少ないんですかね?
あくまでミニオンズ シリーズなので、ミニオンズが主役なのかと勝手に思っていました。
正直、もっとミニオンズの活躍シーンが見たかったです。

まとめますと、ミニオンズは面白いのか面白くないのか、正直ちょっと良くわからなかったです。
私は前 2 作を見てないので、前 2 作を見てから本作を見たらもっと面白いのかもしれません。
今度機会があれば前 2 作にも挑戦してみたいと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ