2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

追憶 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

追憶 あらすじ ネタバレ





追憶のあらすじ(ネタバレ)です。

幼い日に母親に捨てられた四方篤 (小林喜日) は、大雨の中で呆然としているところを仁科涼子 (安藤サクラ) に助けられた。
涼子は、「ゆきわりそう」という喫茶店を営みながら、篤以外にも、親のいない田所啓太 (巨勢竜也) と川端悟 (藤代隼人) の親代わりとして養っていた。
ある日涼子の元に、昔の彼氏だったヤクザの貴船誠一 (渋川清彦) がやってきた。
貴船は涼子に対し、子供たちを養うのをやめて、売春宿で働くように命令した。

篤、啓太、悟は、涼子を救うために貴船に襲い掛かり、もみあいになった拍子に殺してしまった。
涼子は自分が罪をかぶり、子供たちにはこのことを忘れ、赤の他人として一生関わることなく生きていくように伝えた。

25 年後、刑事になった篤 (岡田准一) は、偶然ラーメン屋で悟 (柄本佑) と再会した。
悟はガラス工務店に婿養子に入り、工場の社長を引き継いでいたということだったが、不況のあおりを受け、経営はうまくいっていない様子だった。
悟のことを心配する篤だったが、悟は啓太にお金を借りるから大丈夫だと楽観的に考えていた。

翌日、篤が殺人現場に着くと、殺されていたのは悟だった。
篤は啓太のことが頭をよぎり、自分が悟の知人だということを隠してしまった。
篤は事件の真相を知るために啓太 (小栗旬) に会いに行ったところ、啓太は自分は犯人ではないと主張したが、悟と何があったかについて篤には話さなかった。

悟の遺留品を調べていた篤は、「あんどの里」と書かれた封筒を見つけた。
気になった篤は「あんどの里」という名前の病院に向かってみると、そこには正気を失った様子で車椅子に乗った涼子がいた。
涼子は、2 年前に交通事故にあい、記憶を失った上に思考を保てない状態となってしまったとのことだった。

篤が再度啓太の元に向かい、悟のことや涼子のことを聞いていると、突然啓太の妻の田所真理 (木村文乃) が気を失った。
真理は妊娠 9 カ月を過ぎていたため、慌てた啓太と篤は急いで真理を病院に連れて行った。
医師は、母子を救うために帝王切開を決断し、すぐに手術が始まった。
その際、篤の元に、悟を殺した犯人が捕まったとの電話が来た。
保険金目的で、悟の妻と会社の部下が悟を殺したとのことだった。
家族のために必死でお金を工面していた悟のことを知っていた啓太はやり切れない気持ちになった。

そして、啓太は、真理は、実は涼子がヤクザの貴船にレイプされた後、貴船の殺人容疑で刑務所内で生んで施設に預けられた子供だと話した。
啓太は真理を幸せにすることで涼子に恩返ししたいと考えていたこと、真理と住むために、もともと喫茶「ゆきわり草」が建っていた場所を買い取ったことを話した。
真理は無事に女の子を出産した。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ